TOPスポンサー広告 ≫ ニースでの惨劇TOP日々 ≫ ニースでの惨劇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ニースでの惨劇

未だ(7月15日現在) 詳細まだまだわからない事も多いですが、ご存知のようにニースの街で惨劇が起こりました。

7月14日、キャトーズジュイエと呼ばれるフランスの革命記念日。
パリでの大規模なパレードや花火は有名ですが、各地で花火などイベントが行われていました。

ニースも然り。

この日、義姉から花火に行かないか?と夫が誘われていたのですが、人ごみが嫌いな夫、勝手に断っていました。
もしも、この誘いが、夫ではなくて私の方にあったなら・・・
おそらく、ムスメに花火を見せてあげたい。夏休みだし、たまには夜のお出かけもいいかな?と
出かけていたと思います。

弟である夫(とその家族)が行かないと断ったので、義姉も面倒になり、行くのをやめました。
義姉が現地で待ち合わせしていた友人家族は、悪しくもすでにタウンにいて、旧市街で夕食を取って、一家揃って花火見物に出かけてしまったそうです。

そのあとの惨劇はご存知のことと思います。
幸運にも、この一家は難を逃れましたが、白いトラックが人を跳ね上げて走り抜けるのを間近に見て
子供はショック状態で、ニース市が設置した子供の心のケアに行かせる事にしたそうです。





私自身は、眠っていた夜中に電話がやたらとバイブしているので、(普段そんな事はないのに)
何事かと電話を見て、日本からの家族、友人、親族からの心配のメッセージやメールで何か大変な事が起こっていると知り、
TVのニュースを見て呆然となったという次第です。

あまりの事に、そこから朝まで眠れない一夜を過ごしました。


パリの同時多発テロがあった時
ニースも危ないなとは思っていました。

ニース、マルセイユあたりは、気をつけないといけないな。

そう思って、先日のユーロ2016の際にも、試合日(特にニースでの)には、人ごみはもちろん避けて、ムスメを連れて出かけないようにしたり、ファンゾーン(巨大スクリーンのある試合観戦会場)などにも近寄らず過ごしていました。

ラマダン中の金曜日なども注意をして
トルコでのテロなどを見て、恐ろしいなと思いながら
ラマダンも開けて、ホッとしたところでの惨事でした。


パリのテロの時よりも、身近な事なのに
何だかぼーっとしてしまっています。

今朝、退屈しているムスメを連れて公園へ行くと、公園は封鎖されていました。

寝不足顔の親たちが、同じように疲れ果ててぼんやりと公園の入り口で子供を連れて佇んでいました。
日常が脅かされる、というのは、こういう事だなと思いました。


31歳の犯人も子を持つ親だったそうで。
84名にのぼる(現時点)死者の中には10名もの子供がいたそうで。


いたたまれない。



今日から3日間、フランスは喪に服します。

私は、子供達の安全と未来の平和を守るために、何ができるのか。





IMG_5624_20160716041541114.jpg

自分自身、何となく受け止めきれていなくて
とっちらかった事を書いていますが、今の精一杯です。

今はただ、冷静さを保って、恐怖に負けずに、安全を確保しながら日々を暮らしていく事、と思っています。


この美しい街に
1日も早く、笑顔と南の陽気な風が戻りますように。







---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (5) Trackbacks (-) | 日々

Comment

編集
フランスでまたもやテロ、場所はニースと聞いて、真っ先に、こぐまちゃん一家は⁈と頭に浮かびました。
こぐまちゃん一家が無事と聞いて、ホッとしましたが、被害者の方々を思うと言葉がありません。
月並みなようですが、同じことが繰り返されないように祈るばかりです。
2016年07月16日(Sat) 05:36
No title
編集
ご家族が無事で安心しました。
なぜこのようなことが起こるのか、理解できません。
亡くなられた方々、怪我をされた方々、そのご家族のことを思うと胸が痛みます。
こぐまちゃんたちもとても怖い思いをされていると思います。
どうか平和な日常を一日も早く取り戻すことができますように。

2016年07月16日(Sat) 20:19
No title
編集
ニースと聞いて、真っ先に思い浮かんだのはこぐま家のことです。山の方にお住いのはず、でも花火を見せたいと海岸に行っているのではないかと。
あの美しい場所で、たくさんの尊い命が失われたことを本当に悲しく思います。
これが真の碧のなのだという、まさにコートダジュール。今は悲しみに蒼く沈んでいる事でしょう。突然人生が強制終了させられてしまった人々に、衝撃の出来事に傷ついた多くの人々に、心よりお悔やみを申し上げます。
普通の人々を傷つけても、誰にとっても何の得にもなることもなく、ただただ人類の負でしかないことに早く気付いてほしいです。バイオレンスの大義名分を宗教に依るのはどの神様でも良しとしないのだと、私は信じています。こぐまちゃん、くれぐれも無事をお祈りしています。
2016年07月16日(Sat) 21:12
編集
ごぐまちゃんご一家がご無事で良かった。
次々に起きるテロ。
現実の人間関係より、ネットの情報に傾倒する若者達。
私も高校生の息子を持つ身ですが
それはないでしょう…と私なら思うことを、すっかり信じたりしてる事もあり(他愛ないアイドルの噂だったりですが)
ネットで洗脳されテロに走る若者達がいることも、現実なのだと思い知らされます。
日本もいつどんな事が起きるかはわかりませんが
どうぞ、気を付けて、でも、娘ちゃんのためにも普通の日常を過ごされますよう、祈っております。
2016年07月17日(Sun) 11:22
No title
編集
*プーさんへ*
ご心配をおかけしましたが、我が家は皆無事です。本当にそうはいっても被害者の方々の事を思うと言葉もないですね・・・。


*りんままさんへ*
ご心配をおかけしました。
私も理解できません。テロ、戦争、争いごと、人間の歴史のはじめから、ずっとなくなりませんね・・・。


*なるみなみさんへ*
ご心配をおかけいたしました。
もはや宗教ではないです。ただの殺人ですね。


*なおこさんへ*
テロ、戦争、なくなる日が来るのでしょうか。本当に明日はわが身、強く感じています。
2016年07月19日(Tue) 03:09












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。