TOPスポンサー広告 ≫ ブルターニュ一家と、ビーチTOP日々 ≫ ブルターニュ一家と、ビーチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ブルターニュ一家と、ビーチ

ブルターニュ一家と2日目。




IMG_4329.jpg

Cap d'antibesというところにある、プライベートビーチへ。
プライベートビーチとは、マットレスやパラソルがあって、ご飯が食べられたりトイレやシャワーがついている・・・
そう、「海の家」です。

手弁当に、パラソルとチェアー持って、ワインクーラーボックスに入れてパブリックビーチ!ってのもいいのですが、楽したいし、子連れだし、って事で海の家利用。








IMG_4331.jpg

で、またでたよ。

この方の、「海、入らない」宣言。

ご覧ください。
このぽっこりお腹にムッスリお顔。







IMG_4370.jpg

お嬢と一緒に、ひたすら砂遊び。
しかし、お嬢はイルカのごとく海にガンガン入っていくタイプな為(北の子なのに・・・)、
大半はムスメ一人で砂遊び。
あんた、南の子なんだから、もうちょっとシッカリしてくださいよ。









IMG_4561.jpg
(写真:ブルターニュちゃん撮影)

うちの旦那と、睦まじくプカプカしてるのは、ブルターニュお嬢。
だってうちのムスメは砂浜からガンとして離れませんでしたから・・・。










IMG_4551.jpg
(写真:ブルターニュちゃん撮影)

ム:オカサーファー(死語)よ。









コートダジュールきたら、絶対行かないと!なビーチ。
今回は、前回マントンビーチで遊んだので、反対側のカンヌ方面、カップダンチーブへ。
なかなかオシャレ度高いビーチで、長時間満喫してきてしまいました。

子供達も昼寝なしでガンガンよく遊んでました。
うちは最近は昼寝なしで、アクティブに遊ぶ事増えてますが、ブルターニュお嬢には結構ハードスケジュールだったのではないかな。
刺激が強すぎたか、夜中に寝ぼけて絶叫している声が客室から聞こえておりましたし(笑)

いろんなインプットがすごかった!
というのは、うちのムスメにとっても同じ事で
この数日で、ムスメの日本語が飛躍的に伸びました。

今まで、否定に関しては「NON」としか言わなかったのに「ナダ!(やだ)」 と言ったり。
「イカナイヨ」「シナイヨ」とか否定形を。

それ以外にも、ブルターニュお嬢の影響を受けてたくさんの単語を覚えました。

そしてムスメの日本語が、どうにもフィリ○ンパブのお姉さん、もしくは、カイヤのようで(笑)

ブルターニュオット氏の事を、なぜか最初から「オニーサン」と呼ぶムスメ。
誰も教えてないし、誰かをかつて「オニーサン」と呼んだ事もないので、何故なのかさっぱり謎。

「オニーサン!オイレ!(おいで)。コッチ!オイレ!!」 て。
客引きのガイジンオネエさんかと。

それとか

「シラナイヨ!」 「イカナイヨ!」 「ヤダ!」

イントネーションがカイヤ。

おかしいながらも、日本語がものすごく増えました。
子供の脳みそ、すごいなーと感心しきりですわ。





---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。

Comments (0) Trackbacks (-) | 日々

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。