TOPスポンサー広告 ≫ ブルターニュ一家がやってきた 2016夏 TOP日々 ≫ ブルターニュ一家がやってきた 2016夏 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ブルターニュ一家がやってきた 2016夏 

去年に引き続き、今年も遊びに来てくれたブルターニュ一家



IMG_4266.jpg

猛暑の午後、まだタイツと長袖が手放せないところからやってきた、真っ白ホワイト一家。

とりあえず旅でお疲れ&お互い2歳児連れなので、近所の公園へ散歩がてら。
小一時間過ごしただけで、バテバテの暑さ。








IMG_4252.jpg

日陰で給水タイム。
(終始、水筒は互いに相手のやつを飲みたがっておりました。)



ブルターニュちゃんのお嬢、ムスメとは3週間違い(早い)生まれの同い年。
今年は、2歳9ヶ月とかそのぐらいの二人。

去年の、1歳8ヶ月かそこらの頃とは、うん、ずいぶんと違いました。







IMG_4254.jpg

ゴハンは、我が家にコドモがやってきた時の定位置。
ローテーブルで。

炭水化物とタンパク質と乳製品しか食べないムスメに比べて
お嬢はなんでも食べる良い子です。
野菜でも果物でも、なんでもアムアム。

そしてお菓子とかはあんまり食べない。良い子。(←ここは親がえらい。)





IMG_4263.jpg

お風呂も一緒に入って、おねんねタイム。
客間(本来は自分の部屋だけど)にちゃっかり入っていって、ベッドに一緒に寝転んで絵本まで読んでもらっていたムスメ。

祭り状態だったので、ワチャワチャしつつも、最終的にそれぞれの寝床に収まって静かに初日を終えました。




さて、2歳児。

私はお友達や従兄弟で、2歳児同士のやりとりをずいぶん見慣れておりましたが、お嬢は最近幼稚園へ通い始めたところ。
「2歳児の貸して貸さない問題」の洗礼を、ほとんど受けていなかったようで・・・。

うちのジャイ子にかなりやられてました(涙)

ごめんね、本当にごめんね。

こういう時、当人よりも、親の方がストレスだよね。
公園とかで、おもちゃや遊具の取り合いで、親が肝を冷やして胃が痛くなるってわかります。

が、ブルターニュちゃんは気心知れているし、そういう気を使う事は無かったので助かりました。

お嬢は、かなり言葉が進んでいて、こちらの言っている事も伝わるし、自分の言いたい事もだいたい伝えられる。
とは言っても、2歳児だから、慢心していると全然勘違いって事もあるのだけど。

ムスメは言葉が遅れてる&日本語とフランス語ちゃんぽんなので、気持ちをうまく伝えられなくて行動に出てしまうので、乱暴になってしまう。大概雑だし。
こっちの言っている事の理解度も、お嬢ほどではないから、「あとでね」とか、条件を提示してもわからない事が多い。

2歳児の貸して貸さない問題は、それでも通過していかないといけないところなので、親の側がうまくサポートして仲裁しながら、3歳、4歳になった時、本人同士で解決できるような見本を見せていくのが今なのかなと。

基本スタンスとして、おもちゃで遊んでいる時に、取ろうとしたら、まずは遊んでいる子を優先する。
遊んでいるこが「いいよ」といえば貸してあげる。「ありがとう」を言えるようにする。
代わりのおもちゃを提案する。

遊んでいる子が「貸したくない」といえば、欲しがった方に違うおもちゃを提案する。
さっき貸したくない、といった子が「今度こっちがいい!」と出てくる事が往々にしてあるので、その場合は、貸して欲しかった方の子が今度は優先して選択権を持つようにする。

それから、交換の提案。

といった事を、できる範囲で気をつけていました。

で、気をつけてるのにもかかわらず、頓珍漢な怒り方で乱入してくる夫には殺意が湧きます(ー_ー

何度説明してもわからないのは夫の人なので、この辺は年齢じゃないね?!


と、取り合いっこで大揉めを繰り返しつつも、抱き合ったりチューしたりと、かなり喜怒哀楽の激しい2歳女児。
楽しい楽しいバカンスの始まりとなったのでした。





---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) | 日々

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。