TOPスポンサー広告 ≫ 喘息か。TOPムスメ ≫ 喘息か。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

喘息か。

月曜日。

保育園の日だったムスメ。
午後3時ごろ、保育園から電話。

「呼吸がヒューヒューいってる。心配だからかかりつけの先生に診てもらったほうがいいと思う」
との事。

ムスメは、1歳を過ぎた頃に、急性気管支炎で入院した事があります。
それ以来、風邪気味になると、咳がひどくなったり、ヒューヒューゼーゼーする事しばし。

あまり続くので、春先に小児科の定期検診があった際、先生に相談。
アレルギーの検査をしてみよう、という事で血液検査をして、その結果が出て、次回の検診のときにでも診てもらおう・・・
と思っていた矢先の事でした。

保育園からの電話を受け、小児科医に電話して、無理やりアポイントを取り付けて
お迎え>小児科。

予約がいっぱいな中、強引に合間に待合室でさっと見てくれた先生。


「あ。これは、喘息の発作だね。」 と。


とりあえず、金曜日の朝に無理やり入れ込んでもらった予約。
それまでの間、吸入と気管支拡張薬の処方をしてもらって様子見。


あー。喘息かぁ・・・。


はっきり診断されて、うろたえる母。


が、処方された薬を使ったら、ずいぶん楽になったようで
夜中に何度も目を覚まして起こされていたのがなくなった。

そうか。
夜中に目を覚ますのも、喘息のせいだったのか・・・。

母は全くわかってなかったよ。
ごめんねすぎる。



金曜日、朝早くから小児科へ。
早朝にもかかわらず、15分前には病院に着いた私たち。
それよりさらに早く着いていた先生、窓からニコニコ手を振ってくれた。


前回の割り込み診察ではなくて、ちゃんと予約を取ってきたので
じっくり時間を取って診てもらった。

前回の血液検査でも、アレルギー反応が出ているので
喘息はそこに由来している可能性が高いとの事。

アレルギー科を紹介されて、そこで詳しく検査をする旨指示される。
診察されるまでの間は、先生に処方された薬を服用。

スプレータイプの薬
シロップの薬
咳が止まらない時に使う薬

何種類か。

昼間服用する必要の薬もあるので、保育園向けの処方箋も書いてもらう。
保育園に置いておく分の吸入器も処方してもらう。


幸い、ムスメはご機嫌に受診してくれて
飲み薬も吸入薬も、遊びのように楽しくしてくれて、嫌がる事もなく
なんなら「もっと!」とか言ってくるぐらいなので助かっています。


アレルギー科の診察を受けて
アレルギーに由来する喘息なのか
小児喘息なのかがわかるので
それに応じて、対処していくとの事。

小児喘息の場合は、年齢に応じて自然に治癒していくケースが多いそうなのですが
アレルギーに由来する喘息の場合
花粉症が、放っておいても治らないのと同じで
(また、いつの間にか勝手に治っているのとも同じで)
一生付き合っていかなければならないものなのだそう。

だからと言って、アレルギー性喘息を持っていても
スポーツで活躍している方は多く(何人も名前を挙げてくれたけど失念)
通常の生活をしていく事には全く支障がないのだから
心配しないように!
親が対処の仕方を理解していたら大丈夫だからね!!

との、心強いお言葉。


さあ、まずは掃除機を毎日かけること。
ぬいぐるみは週1洗うこと。

あたりからスタートしましょうか・・・。









---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (7) Trackbacks (-) | ムスメ

Comment

No title
編集
ありゃ、娘ちゃん喘息でしたかー。
でも早く見つけてもらって処置できてよかったです。

私も実は喘息です。(アレルギー性なのか何なのかは不明。でも花粉症持ちなので可能性ありそう)
小さい頃からよく咳がでて、それもなかなかとまらず、でも医者には「喘息ではない」と断言されてきました。大きくなってそういう咳はなくなっていたのに、10年くらいの前に同じようなのが出て、ツライし仕事場でも咳が出るとなかなか止まらず周囲にうるさいので、そこそこ大きい東京都心の病院に2軒くらい行ったのに、原因分からず、でした。
で、カンヌに来てからも出るので、別件(花粉症)でアレルギー専門医を予約し相談したら、すぐに特別な器械にはいって検査して、閾値ぎりぎりだけど喘息ですね、ということで薬を処方されて、必要なときは今もスプレー使ってます。

多くの在外日本人が「医療は断然日本のがいい」なんて話してますけど、私にとっては喘息をみつけてくれたのもありフランスのが優秀なんじゃないか、、とも思ったり。

娘ちゃんもこれからうまく付き合っていきながら、治っていくといいですね。
2016年06月26日(Sun) 05:13
いつも拝見しております!
編集
お子様の喘息、心配ですね。
私も小さい時はアレルギー性喘息でした。
入院することも多く親には心配と苦労をかけました…
(といってもお転婆やんちゃ娘で、風邪をひきやすい季節の変わり目意外はほかの同級生よりも元気&暴れん坊だったので、よくびっくりされました笑)
10歳の頃、自宅で毎日行う吸入薬(確か発作予防か何かだと思います)を処方され、発作も多いのでこれからも長い戦いになります、この薬は一生手放せませんとまで言われましたが
高校生くらいで面倒になり放置…(今考えると怖いもの知らずでしたが)
不思議なことにそこからは一度も発作がなくなりました(15年近く経過)。


一生付き合っていかなければならないと聞くとドキッとしますよね。
でも私のように「季節の変わり目意外はめっちゃ元気」で「いつの間にか勝手に良くなっている」という人もいますので…。

なんだかとても他人事には思えず、思わずコメントしてしまいました。
長文乱文すみません。
2016年06月26日(Sun) 06:17
心配ですね
編集
いつも楽しく拝見させていただいてます。
娘さん・・・喘息だったんですね。
私の妹も、喘息があって、随分と苦しそうにしているのを見てきたから
イロイロと想像出来ることがあって、他人事ながらも心配になりました。

妹の場合は、アレルギー性鼻炎で
大人になるまでは、鼻で息を吸えなかったと言ってました。
だから、喘息の発作がでると、呼吸困難でホント大変だったのを覚えてます。

数年前にも、ちょっと酷い発作を起こしたのですが
病院の薬でも効果が期待薄だったために、民間療法をイロイロと調べていたら
喘息からの咳が酷い時には、チョコレートが良いと聞いて
早速試してみたところ、3日振りに眠れた~と言ってました。
その後、父の喘息の発作が出た時にも、チョコレートを薦めたところ
今では、ちょっと不安だなって思ったら、自分でチョコレートを買ってくるほどです。
それまでは、チョコレートを自ら買ってきてまで食べる人ではなかったから
正直、それを知った時は驚きました。

あるTV番組で、お医者さんが話していたのが
喘息の咳には、チョコレートがいいと言う話でした。
カカオに含まれる成分が、咳止め効果があるのだとか。
それからは、我が家の冷蔵庫には、チョコレート常備です。
緊急用に、準備しておくといいかもしれませんね。

これからが大変だとは思いますが、お母さんも十分に気を付けて下さいね。


2016年06月26日(Sun) 10:10
No title
編集
ありゃりゃ、喘息ですか。
でも、私の周りの子育て事情を見ていると高校生ぐらいまでで症状が消えた子が何人もいましたよ。
一生とか言われると心配しちゃいますよね。
アレルギーの原因が問題ですね。
実は私は犬猫アレルギーなんです。
しかし我が家には3匹のワンコのと5匹のニャンコがいるのです。
アレルゲンを取り除くことは出来ませんので薬を慢性的に飲んで普通に生きております。
もしも娘ちゃんのアレルゲンがワンコでも心配しすぎないでね。
今は良いお薬がちゃんとあるからね。
2016年06月26日(Sun) 16:51
No title
編集
*akikoさんへ*
そうですね、先生にも早く見つけてよかったと言われました。
喘息は治療が早ければ早い方が良いらしいですね。
akikoさんは、花粉症っておっしゃってたから、おそらく関係ありそうですよね。うちは私の母が、大人になってから(それこそ50も過ぎて)喘息を発症したり、アトピーを発症したりしてました。そんなわけで遺伝的な要素もあるかなーとも思います。私もアレルギー持ちですし、関連してアトピーみたいに皮膚に出る事もあるし、、、喘息が出てもおかしくないですよね。今後。
そうそう、私も、この国の医療は悪くないと思っています。いろいろこの国で見てもらって、よかった!と思った事多かったので。本当、医療の面では、悪くないって思います。


*ますこさんへ*
コメントありがとうございます。
小さい頃から入院したりと、大変でしたね。きっと親御さんもそれは心配されたのでしょうねえ。(親は子供の病気ってなぜか自分が悪いと思ってしまうし・・・)
でも喘息は、本当ひとそれぞれで、突然ひょっこり治ってしまったり、うちの母のように(上述)いいとしして突然発症したり、ありますよね。季節の変わり目、アレルギー持ちの人間にはこれは注意点ですよね!私自身もアレルギーがあるので、自分と娘共々気をつけていこうと思います。
温かいお言葉、ありがとうございました!


*ちぃさんへ*
コメントありがとうございます。妹さんの喘息を間近に見ていらしたんですね。心配してくださってありがとうございます。
チョコレートの話!それは、とっても簡単で、ムスメも喜ぶ方法!是非今度試してみます!!うちのムスメはチョコレート大好きでして・・・家ではあまりあげないのですが、パーティーやピクニック、お友達のお家で頂いたり、朝ごはんのパンオショコラで食べたりすると、大喜びなのです。発作にいいなら、それはいいかも〜!是非試してみたいと思います!!!


*キャロルさんへ*
コメントありがとうございます。
そうですね、小児喘息であれば、思春期ぐらいまでには自然治癒するケースが多いようです。アレルギー性の場合は、アレルギーが勝手に治らない(また勝手に治る事もある)のと同じで、根本的な治療はないそうですが、うまく付き合っていくような投薬方法があるそうです。
アレルギーは何にアレルゲンがあるかにもよりますが、私自身も犬アレルギー(猫も)持ちです。だからプードルにしてるという事もありますが・・・。犬アレルギーが強くでているのではなければいいのですが、今後また検査でわかると思いますしその時に対応を考えようと思っています。
2016年06月29日(Wed) 03:13
No title
編集
ぬいぐるみなど、ダニが潜んでいるようなものは、洗う「前」に高温で乾燥機にかけると良いそうです。高温でダニが死んでそれを洗い流すことでアレルゲンを効果的に減らせるんだそうです。(本当はぬいぐるみを無くしたほうがいいのですがお気に入りは手放したくないですもんね)
2016年07月06日(Wed) 21:46
No title
編集
*まろんさんへ*
なるほど、そうなのですね〜。
教えてくださってありがとうございます。
残念ながら、うちの洗濯機には乾燥機がついてないので(汗)こまめに洗って干してって感じで対応するしかなさそうです。
ぬいぐるみも犬も、なくすわけにいかないので、うまく付き合っていくしかなさそうですね(><
2016年07月07日(Thu) 03:50












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。