TOPスポンサー広告 ≫ タイムアウトというしつけTOPムスメ ≫ タイムアウトというしつけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

タイムアウトというしつけ

子供のしつけの方法の一つに、「タイムアウト」というものがあります。
小さな子がいる親御さんはご存知かもしれませんが、欧米ではよく使われるしつけの一つ。





IMG_0768.jpg

ムスメ、旧市街を散歩






簡単に説明すると、悪いことをしたり、パニックになったり、手がつけられなくなった時、子供をその場から少し離して、壁際とか部屋の隅とか、とにかく落ち着いて静かな場所へ連れて行って立たせて(もしくは椅子に座らせて)、落ちつかせて何が悪かったかを考えさせる、というもの。

もっと詳しく説明しているサイトはたくさんあるので、詳細を知りたい!という方は是非検索してみてください。

で、我が家の魔の2歳児。
まあ、割と大変です(笑)

ちょっと前までは、言葉の意思疎通がままならなかったのですが、最近はお話は遅いものの、ほとんどこちらの言ってることがわかるようになってきているので、あまりに手のつけられない時に、タイムアウトを導入してみることにしました。

私がタイムアウトを使うのは

・何度言っても悪いことを止めない時、(ものを投げる、犬に乱暴にする等)
・ギャン泣きでワケがわからなくなって自分でも収拾がつかなくなっている時。
・約束が守れない時。(と言っても、まだまだ2歳、簡単なお約束ごとです)

こんな時です。

そして特に2つ目の、ギャン泣きでワケわからんちんな時が最も効果を発揮しています。



例えば、ムスメが悪いことをして、注意しても止めない時。
注意されて、止めさせられたら、ギャン泣きで癇癪を起こした時。

「それなら、反省しようか?」

と声を掛けて、いつも決めてある場所(うちは入り口の横の壁のところ)に連れて行きます。
一度ムスメの目線までしゃがんでから、

「ムスメちゃんは、○○したよね?いけないよね?だから、いけなかったってわかって、落ち着くまでここで反省してね。」と説明します。もちろん本人はまだ100%言われてることは分かっていないかもしれませんが、それでも説明します。

それから、壁に手をついて(壁の方を向くため)、だいたい時間にして1分〜2分程、一人で反省させます。

私はその間そばを離れますが、サロンから見えるところなので、様子を見ています。

すると、ムスメは壁に向かってしばらくはギャン泣きをしているのですが、なぜか不思議とその場を離れて戻ってこようとはしないのです。
ワンワン泣きながら、それでも最初についた手を壁から離さずにいるのです。
そうして不思議と、壁に向かって泣くうちに、落ち着きを取り戻してくるのです。

泣き止んだ頃(大抵1分以内には泣き止みます)もう一度ムスメのところに戻って、やはり目線までしゃがんで手を取って、反省できたね?もうしないね。と声を掛けて、そのあとはぎゅっと抱っこをして終了。
(本来は、ここで本人に、悪かった点を言わせるのがいいらしいのですが、うちはまだお話ができないので。)

だいたいそれでムスメも気分が切り替わって、機嫌よく遊び始めますし、さっきまでしていたいたずらや悪いことをもう一度繰り返すことはありません。(別の日にやることはあるけど)


最初の何回かは、もちろんその場を離れて戻ってこようとしたりしていましたが、「反省するまでここにいてね。」と説明して、連れ戻したりしているうちに、何度目からかは理解したようで、迎えに行くまで戻ってこなくなりました。


このタイムアウトのいいところは、子供に冷静になる時間を設けるのと同時に、私自身もムスメにイラーー!っと怒鳴りつけたりしなくて済むことです。
お互いに、1〜2分の冷却時間を取ることで、いたずらや悪いことをやめたり、それを怒らないで済むことが良い点だなと思います。


先日、ムスメがまた悪いことをしていて、私が怒ろうとしたら、トコトコと自分からタイムアウトの場所に行って壁に手をついてました(汗) 
なんかちょっと、違う気もするんですが(笑) 
ムスメ的に、「しまった、やっちまった」という感じの顔で、自らトコトコ反省場所に行っていたので、おそらくゴメンなさいという言葉がスムーズに言えるようになったら、それに代わっていくのかな?と思いました。
もちろんその時は、ムスメちゃん、わかったならもういいよ、と、その時はそれで済みました。


賛否両論あるかなとは思いますが、ムスメと私の場合、今現在はこの方法も合っているみたいです。
成長にともなって、またいろいろと変わってくるとは思いますが・・・。


イヤイヤ期のお子さんに、イライラして怒ってしまう自分が嫌!と思っていたりするママさんは、ダメ元で一度試してみても良いのではないかな?と思います。





---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。

Comments (3) Trackbacks (-) | ムスメ

Comment

No title
編集
しつけにすごく悩んでいて、検索してタイムアウトを読んでたので
かなりタイムリーなネタでした!
早速効果も出てるところもスゴイですね!
私は自分が冷静になって、優しく説明するようにしましたが…結果は×。
怒っても笑われるし…
うちの場合、食事中に悪さをするだけで、まだまだ魔の2歳時になっていないんですよね。たぶん。私は生理中もありイラっときたんですが、私が冷静に振り返ると、たいしたことでは無いんですよね、きっと。
これから、私もギャン泣きしたときはタイムアウトしてみようかなー
自分から壁に行った娘ちゃんに感動です!息子は「ごめんねー」って何様よ!って感じなんで。。。
2016年03月16日(Wed) 16:47
No title
編集
タイムアウトっていうしつけがあるんですね~
はじめて知りました。
うちの娘は悪気があってやることはまずないので、私がタイムアウトが必要だったと思います。
かっとなりそうなときは心の中で10数えたりしてました。
2016年03月16日(Wed) 23:40
No title
編集
*mikiさんへ*
もしかすると、もしかすると、、、うちのムスメもそういう時期があったのですが、こちらが怒るとニヤニヤしたり笑ったりふざけたりする。それは、まだこちらの言ってることの理解も100%ではなくて、自分の言いたいことはもちろんまだまだ伝えられず、そんな時に「なんだかママが怒っていてこわいな、嫌だな」と思うと、笑って欲しくて自分が笑うのだという話を聞いたことがありまして、うちのムスメはおそらくそれだったんだろうな、と思います。怒られると笑ったりふざけたりしている時期がありましたが、最近は理解が発達してきて、怒られている時にはそれがわかっているみたいです。
それと、うちもゴメンナサイできるようになったのはやっと最近です。これも、それを言えば場がなごむから言ってるような気がしないでもないですが(^^;
息子ちゃんは、まだ小さいから、うまく反省したり、ゴメンなさいしたりすることがわからないのかもしれないですね。


*りんままさんへ*
欧米では割とよくあるしつけ方で、公園や遊び場なんかでも時々癇癪を起こした子供が、親から戦線離脱させられて、公園の端っこで壁に向いてタイムアウトさせられてる光景も見かけます。多分子供は悪気があってしているわけではないことが多いのでしょうね。ただ、「それがいけないこと」というのを認識してもらうために、子供によってはタイムアウトが有効な場合もあるかなという感じです。その子と親の性格と方針に大きくよると思いますので、これが絶対良い!とも思わないですが。。。
2016年03月17日(Thu) 06:13












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。