TOP日々 ≫ 病院巡り(マンモとアレルギーチェック)

病院巡り(マンモとアレルギーチェック)

今日は、病院デーでした。

① マンモとエコー
マンモグラフィーは前回やったのが4年前でした。
そのあと、妊娠したり出産したりしているうちに、気付いたら4年もチェックしてなかったので、先日婦人科のチェックアップの時に、マンモの処方箋も書いてもらって、レントゲン科に行ってきました。

フランスでは、診療は全て専門医になっているので、婦人科でマンモグラフィーの処方箋を貰って、マンモを実施している病院へ別途予約を取ってマンモを取り、さらにまた婦人科の先生にマンモのレントゲンを持参して診察、という具合なのです。
ちなみに、レントゲン写真も、患者が全部自分で保管します。

マンモもエコーも異常無しでした。
50歳までは1年ごとの検診(マンモ)が推奨されているそうです。
50歳過ぎたら、2年に1度だそう。



② アレルギー科
先日の湿疹騒動で、ジェネラリスト(一般医)に紹介してもらったアレルギー専門医へ行ってきました。
すぐに、プリックテストと日本では呼ばれている皮膚テストを実施。

腕に、十数種類のアレルゲンの原液をちょちょっとつけていって、小さな針のようなもので肌をひっかいて液を浸透させます。
15分後に反応を見るというもの。
アレルギーがあるものに対しては、蚊に刺されたようにぷっくりとなるという。

で、私、もうあれもこれも、ひどいぷっくり具合!

特にアレルギー反応が+++で強と言われたものは
・ハウスダスト(ダニ)
・スギ(Cypres)
・オリーブ(?!)

それから、反応強度は+1つではあったものの
・ネコ
・イヌ(!!!!)

それ以外にもちょろちょろほとんど反応してしまいました。

先生からは、湿疹、かゆみ、目のムズムズ、鼻水、くしゃみ、喉の腫れは
間違いなくアレルギーですね!!
とお墨付きを頂きました・・・。

アレルギーに対する処置は、一度に2つのアレルゲンに対してしかできないそうで、
まずは何に一番反応しているのか、血液検査で詳しくしらべて、その対処からしていきましょうとの事。
血液検査の処方箋を書いてもらって、検査結果が出るまでの間、とりあえずアレルギーを抑える抗ヒスタミンの飲み薬、それから目薬と点鼻薬を処方してもらって、今日から早速服用です。

Cypres(スギ)って、うちの裏に山ほど生えてるわ・・・。
そりゃここに引っ越してきてから、ひどくなるわけです。
そしてニースあたりは、スギなんかとっても多くて、アレルゲンの宝庫なんだそうです。

ちなみに、懸念していたミモザは−(ネガティブ)でした。


あと犬アレルギー。

ご存知のように、我が家は二匹もおりますが
プードルは換毛しないシングルコートなので、ほとんど毛が抜けません。
ので、アレルギーでも飼いやすい犬として知られています。

実際、うちの犬を触ったり抱っこしてもかゆくなる事はないのですが
ものすごく激しく顔をなめられたりすると(特にぐりこさん)、時々確かに顔に赤く発疹したり、かゆくなる事はありました・・・。
そうはいっても、ぐりこさんとの愛の抱擁をなくす事はできないので、ペロ控えめ気味にお願いしつつ、ベタベタしたいと思います。

でも、犬アレも実はちょっと「そうかも?」っと思うフシはあったのです。
プードルは割と平気なのですが、犬種によっては、抱っこしたり触ったりしたあとに、ムズムズする事、しばしばあったんです。
ネコはずいぶん前からわかってたのですが(実家で猫飼っている頃から)、犬はまさか!と思っていたのですが。
うちの犬たちが、プードルでよかったです。








IMG_0133.jpg

病院のはしごの待ち時間。
今日は暖かくて、ニース海岸沿いをお散歩したり
ベンチに座ってぼーっとしたりして過ごして良い時間でした。


体のメンテは大事ですね。
時間がある今のうちに、いろいろチェックして、治せるものは治してしまいたいです。






---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (3) Trackbacks (-) | 日々

Comment

編集
最近ドタバタしてて、返信いただいていたのに遅くなりました汗

今、フランス行くのがとても楽しみです。(めちゃ不安になる時と、楽しみに感じる時の波が激しいです)
私は今高校1年生で、学校では英語しか習ってないんです。でも、少し変わった習い事をしていて、文法などは勉強せず、自然習得をする、というものです。そのために、今はひたすらフランス語のCDを聞いて、同じことを声に出して、完璧にCD無しで話せるようになって、だんだん意味を見つけていく、というものを小さい頃からやっています。なので、言ってることの、細かい部分はわからないけど、大まかな内容(要所要所)は掴める、みたいな状態です。夏までもっと詰めていきたいと思ってます!

今は、私もアレルギー検査や注射や他の検査をたくさん受けてます....
質問です!
私も猫アレルギーだったんですが、フランスでは猫を飼ってる家庭は多いですか?

2016年02月20日(Sat) 23:04
No title
編集
アレルギー検査したのですね。
私も沖縄に来てから花粉症が治ったと思っていたのに、
最近風の強い日にワンコの散歩していると、鼻水だらだらでまぶたがかゆくなります。
何かに反応しているみたい。
年々アレルギー反応する対象が増えている気がします。
うちの夫さんが言うには、子どもの頃大量に飲んでいた牛乳のせいじゃないかと。何の根拠もないのですが。
それで除去はしてませんが、娘には牛乳を水代わりに飲ませないように気をつけています。
牛乳説こぐまちゃんはどう思いますか?
2016年02月20日(Sat) 23:45
No title
編集
*fromageさんへ*
最近は語学の学習方法も私たちの時なんかとはずいぶん変わっているのでしょうね。きっとどんどん耳や口から使える外国語の習得の仕方になっているのでしょうね。先に話したり聞いたりできるようになる事は、語学学習を続ける上でのモチベーション維持のためにも良い事だと思います。
ただいずれは、細かい文法や正しい用法がわからないとすごく大変な思いをするので、どこかのタイミングできっちり文法もやるといいと思います。
若いから、まだまだたくさん時間もあるし、お勉強も頑張っているみたいなので、この調子で頑張ってくださいね!
さて、猫アレルギーとの事ですが、フランスで猫飼ってる人、そうですね〜けっこういるかな?犬飼いのと同じぐらい、猫飼いさんもいると思います。


*りんままさんへ*
やろうやろうと思いつつ、のびのびになっていましたが、相当な数のあれこれに反応してしまって、でもこれで「あれも、これも、アレルギーだったか!」と謎が解けた事がたくさんあって、やっぱり受けてよかったです。このあともっと詳しく血液検査の結果とともに、治療をしていきます。
さてさて、牛乳についてですが・・・。
私は牛乳をあまり飲まない子でしたが、アレルギー発症していますし、私の弟は牛乳ガブガブ、それこそ1リットル/日ぐらい飲んでいましたが、なんともないですし・・・。あまり関係ないのでは、、と個人的には思いますがどうなんでしょうね(^^;
ちなみにうちのムスメは牛乳大好きです。普通に飲みたがったらあげています!
2016年02月21日(Sun) 04:21












非公開コメントにする