TOP日々 ≫ 謎の皮膚湿疹(←ムスメでなくワタシ)

謎の皮膚湿疹(←ムスメでなくワタシ)

いつぐらいからだろう、おそらく1年以上前から時々現れる皮膚湿疹に悩まされております。

常にじゃなくて、時期的に出るのでアレルギーなのかな?と思っていたのですが
首から肩、背中デコルテあたりにかけて湿疹が発生して、かゆみを伴うのでいつの間にかかいてかさぶたになってしまったり。

それが今回ひどくて、顔以外ほぼ全身にこの湿疹が。
背中や腰、太ももや、ひざ下、肘先なんかにも・・・

とにかく痒くて夜眠れないぐらいひどい。

ということで、先日病院へ行ってきました。

こちらの病院のシステムって、日本と違って、まずは何かあったら「かかりつけの一般医」に診察してもらって、そこで処置を行い、そこでは対応しきれない場合に「専門医」に診察してもらうというもの。

私もイマイチこの仕組みがわかっておらず、しかもこの「かかりつけの一般医」=médecin traitantを登録することで、医療保険でのカバー率も変わってくるとか。

で、一般医を通さない例外があって、それは
・歯科医
・産婦人科医
・眼科医

なんだそう。

私もフランスに越してきてから、かかりつけの婦人科で定期健診を行うことはあっても、一般医に掛かる必要がなかったのでこの一般医の登録なんてのもしていなかったのですが、今回行ってきました。


とりあえず診察して、状況を説明。
私は「アトピー性皮膚炎」もしくは「アレルギー性の湿疹」なんじゃないか?!と思ってそれを強く訴えたのだけど
先生は「うーん、そうかなぁ?」と懐疑的。

ともかく血液検査一度してみましょうと相成りました。




IMG_9321.jpg

ラボで血液検査をするための処方箋を書いてもらいました。
こちらは血液検査や採血、注射などは病院でするのではなくて、処方箋を持って別途ラボか看護師さんにお願いして行います。

あとはかゆみ止めのヒスタミン系の飲み薬と、搔き壊している湿疹を抑えるためのステロイド系のクリームを貰って終了。

昨夜はこの薬が効いてくれたおかげで、久しぶりに夜中にかゆみで目覚めることなく眠れました。


それにしても、何だろうなあ。
体の不調は弱いところに出るとか、胃腸の調子が悪かったり、今度は皮膚湿疹が出たり。

どうせ根本的なところから改善しなきゃいけないんだろなーっと
薄々感じているけども。
体質改善とか、運動とか、禁酒とか、できない!(←)






---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) | 日々

Comment













非公開コメントにする