TOPスポンサー広告 ≫ 酒宴:持ち寄り色々(おでんなど)TOP ≫ 酒宴:持ち寄り色々(おでんなど)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

酒宴:持ち寄り色々(おでんなど)

IMG_9255.jpg

モナコのお友達の家で晩御飯会。
大人x5、子供x4。
しかも外人男x2(よく食べる、とくにうちの夫) と思っていっぱい作って持って行きました。

前菜は、キッチンで立ち飲みスタイルで、生牡蠣を。
春が来る前に、もうちょっと牡蠣を楽しんでおきたいところ!

その後テーブルに移動して。
私が持って行ったのは、おでん、焼豚、巻き寿司(キンパと和風太巻き)。
お友達は、牡蠣に、イカと玉ねぎのマリネ、キッシュ、アボカドとサーモンの洋風お刺身盛りなどなど。
この上海老マヨ作るとか言うから、もう多すぎ!って止めといた(笑)




IMG_9227.jpg

さて、おでんはどんな内容か。

出汁:昆布たくさん+出汁パック+鶏がらスープ 塩、薄口醤油少々、みりんで、塩おでん風。
具は、大根、卵、じゃがいも、こんにゃく、ちくわぶ、たこ、さつまあげ、厚揚げ、牛肉。

大根、卵、じゃがいもは普通に売っているもの。

タコは冷凍で売ってるタコを下ゆでして、足を一本ずつにカットして入れる。タコは中途半端な茹で方だと硬いので、さっと茹でorしっかり煮込む。タコ入れると若干スープが赤くなるのは仕方ない。

牛すじ肉は、こちらはほぼ廃棄同然にペット用とかで売っていて、まあ内容は変わらないのですが、今回はポトフ用の肉を使用。ポトフ用の骨付Plat de cote(あばらのところ)は、骨を外して、一度ゆでこぼしてから圧力鍋で20分、カットして竹串に刺す。牛すじと同じような出汁&トロトロ感のお肉が味わえます。(コリコリ部分はないけど)

ちくわぶは日本からの持参品の冷凍、練り物(さつま揚げ)、こんにゃくはアジアショップ、厚揚げもアジアショップでタイ料理とかに使うようなやつを一度油抜きしてから使用。
元気があれば、ひろうす、さつま揚げなんかは作ろうと思えば作れますが、大抵アジアショップで売ってます。

私はあまり練り物が好きではないので、大根や卵、こんにゃくがあれば満足。



それからもう一つ持参した焼豚が大人気で、1kgぐらい焼いていったのにさっさと完売して嬉しかった♡
子供達もお肉大好きだからよく食べてくれました。





IMG_9257.jpg
*友人撮影

ムスメは大好きなお姉ちゃま達にがっつり遊んでもらって大興奮。
ゲームで消しゴムのおもちゃを貰って食べるフリしてるところ。
お姉ちゃま達のお部屋には、見た事もないようなおもちゃもいっぱいあってパラダイスだったみたい。







IMG_9256.jpg

翌日は祭日のモナコ。
花火が上がってました。
キラキラとなんだか懐かしい感じ。








---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) |

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。