TOPスポンサー広告 ≫ 夕餉:Blette(ブレット)と牛肉のナンプラー炒めTOP ≫ 夕餉:Blette(ブレット)と牛肉のナンプラー炒め

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

夕餉:Blette(ブレット)と牛肉のナンプラー炒め

IMG_9177.jpg
Blette(ブレット)と牛肉のナンプラー炒め
セロリとカブのぬか漬け
フェンネルのきんぴら
自家製キムチ
タロイモ(里芋みたいなの)の御御御付け
きのこの混ぜご飯



Blette(ブレット)という野菜をご存知でしょうか?
日本では、フダンソウとも呼ばれるそうです。
南仏ではとてもポピュラーな野菜です。




IMG_9172.jpg

こんなん。

味はほうれん草とか小松菜とかそんなのに似た感じでしょうか。
白い部分は若干筋っぽいので、白い部分と葉の部分を分けて調理すると良い感じになります。

南仏だと、ブレットのオムレツとかキッシュとかグラタンなど、そんな使い方が多いですが、私はそれこそ青梗菜だの小松菜だのと同じような使い方をします。

今回の炒めは、本当は豚肉の方が合うと思うのだけど、なかったので牛肉で。
牛肉の場合はオイスターソース炒めとかも合うと思います。(が、口がナンプラー味を求めてたのでナンプラー味で強行)

Bletteは白い部分と葉っぱの部分を分けて、ざく切りに。
まずは白い部分を油を熱したフライパンで軽く炒めて、お酒(もしくは白ワイン)、塩ひとつまみ入れて蓋をして蒸す。
火が通ったら蓋を外して強火にして水分を飛ばし、おろしにんにく、醤油、酒、みりんで下味を付けた牛肉を投入。
牛肉が軽く色が変わったら、葉の部分を投入して、さっと炒まったらナンプラー、塩胡椒で味を整える。

食べる時にシラチャーソースとかをかけながら好みで。



IMG_9170.jpg

きのこごはんは、先日日本から母が送ってくれた荷物に入っていたこんなやつ。
日本のごはん2合と、きのこの混ぜご飯の素が入ってました。
手軽に出来てとても美味しい。


あと、フェンネルのきんぴら。
これがまた美味しくて。
普段きんぴらは塩きんぴらで甘くしない派なのですが、香りの強めの野菜のきんぴら(セロリ、にんじん、フェンネル)の時には、醤油、砂糖、みりんを入れてこってり味にしています。その方が合うみたい。






---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。


Comments (0) Trackbacks (-) |

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。