TOP ≫ 昼餉と夕餉:麺類2種

昼餉と夕餉:麺類2種

ムスメに続いて、夫まで風邪をひきやがった(←)ので、風邪ひきさんたちのためにチキンスープを作ることに。

こちらで買ってきた肉には、だいたい骨が付いているって、先日ブルターニュちゃんのブログでも言っていましたが、肉を買ってくるとだいたい骨を外して、さばいてから小分けにして使ったり冷凍したりしています。
日本の様に、最初から薄切りとか、唐揚げ用とか、あんなんなってないから。
そこで当然発生する骨だの皮だの、捨てずにそれはそれでとっておいて、ある程度たまったらスープにします。

鶏肉の骨は特にたまりやすくて、(鶏モモを安売りの時に大量に買って、骨を全部外して日本で売ってるもも肉の状態にするので)骨もたくさん出るのです。
で、この骨を解凍して、適当に出刃包丁で叩いて(骨を割った方がスープがよく出る)チキンスープに。

玉ねぎ、セロリ、にんじん、クローブ、ローリエ、にんにくなどゴロゴロ放り込んで、白ワイン少々、お塩ひとつまみと一緒にコトコト。
バカうまチキンスープが取れるのです。

で、このチキンスープは後日ボロネーゼを作る時に使いたかったのだけど、もちろん当日は風邪ひきさん達の晩御飯に。




IMG_9094.jpg

フォーガー風米麺。
「風」なのは、元のスープに、冷蔵庫に有った野菜を色々と入れてクタクタに煮込んだりしていて、本家フォーガーとはちょっと違うから。ポワロネギ、にんじん、絹さや、かぶ、なんかを入れて煮込んで、別途蒸し鶏とベランダ栽培パクチーを投入。
味付けは塩こしょうにナンプラーで。レモンを絞って、シラチャーソースでアクセントをつけて。
味はフォーガーなんだけどチキンスープがちょっと洋風みたいな(笑)
でもとても体も温まって、胃にも軽くておいしかった。







IMG_9112.jpg

翌日の私のランチ。
看病は続行で、グズグズギャーギャー具合が悪いムスメをあやしつつ、立ち食いそば状態で作ってかきこんだお蕎麦。
妻有蕎麦に、冷凍しておいた人参と葉のかき揚げ、お餅、大根おろし、前日のチキンスープを取った骨にくっついてたチキンほぐし身をトッピングして、七味をババっとふりかけて、立ち食い。
あとから、「しまったー!ネギ刻むの忘れてたーー!」となったぐらい、バタバタ作ってバタバタ食べた。






---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) |

Comment













非公開コメントにする