TOPスポンサー広告 ≫ ムスメ、小児科救急へTOPムスメ ≫ ムスメ、小児科救急へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ムスメ、小児科救急へ

土曜日の朝に発熱したムスメ。
朝起きた時には元気だったのに、突然発熱、いきなり38.5度越えの高熱で、そのまま下がらず。

かなり辛そうでグッタリしていて、様子を見ながら子供用のドリプラン(パラセタモール系の解熱鎮痛剤)、日本のアンパンマン風邪シロップ、同じく日本の市販の座薬解熱剤などを使ってみても、少々下がってまたすぐ39度ぐらいに上がるという繰り返し。

土日だったこともあって、また子供の発熱は、何れにしても3日ほど様子を見ないと、風邪なのか、インフルなのか、気管支炎なのか、他のウィルス性のものなのか、感染症なのか、判断がつかないので自宅で様子見。

今回は
・熱が高い
・ぐったりして辛そう
・食べない
・飲み物(フォロミ、水)は取るがいつもよりは少なめ
・コンポートは飲んだが二日目はほとんど取らず
・夜、うわごとをいったり、震えて目を覚ましたり、ちょっとしたホラー映画状態

と言った症状。
とくに、うわごとや、叫びがこわくて、「熱せん妄」「インフルエンザ脳症」なんて言葉がチラチラ。
簡単にiPhoneで検索できちゃうのも、素人には良いような悪いような。


日曜日の昼間、一度子供病院の救急(Lenval)に電話をして指示を仰ぐも


「熱がある時はボディ一丁にして、部屋は20度ぐらいにしておいて。」
「38.5度を超えて辛そうだったらドリプラン。」

と、お決まりのアドバイスのみ。(←まあこれでだいたい本当に間違ってないわけですが)


ムスメは2日間、辛そうに高熱で過ごして、さて月曜日、とにかく今日は病院に連れて行こう!と
かかりつけの小児科に電話したらば、
うちみたいに週末から待ってる子供たちで、月曜日って混むのですよねきっと。
折り返し対応で、1時間以上待たされる。

で、やっと電話が繋がったと思ったら、あいにく電話に出たのが夫で、
夫の説明と深刻アピールが不十分なせいで
「今日はドリプランで様子を見て、明日、まだ熱が下がらなかったら電話して!」と言われる。

すでにイライラmaxだった夫とワタクシ、一触即発ですよ。

私はもう1日様子を見てもいいかと思ったのですが、夫の方がいてもたってもいられなかったようで
救急(Lenval)連れて行くと。

Lenvalとはニースの大きな病院で、小児科の総合があります。
子供の病気で何か大きなことがあったらすぐここ、ってところ。
NICUなんかもあるので、お産が難しかったりすると、モナコからもLenvalに送られるのです。




IMG_9074.jpg

待機中。





で、ここには常時開いている小児科の救急があって、なんならここに連れてきてしまった方が手っ取り早かったりもします。

うちは一度、去年夜中に高熱と咳で連れてきたら、日曜日の夜中だったこともあって大混雑。
4時間近く待って診察したら急性気管支炎で即入院と相成ったのでした。

今日は平日の午前中だったこともあって、それほど混雑はしていませんでした。
症状を受付で説明して、診察。

診察が研修医で、あまりの手際の悪さ
泣き叫ぶ2歳児の耳や喉を見るのにすごい下手くそだったり、
マニュアルだから仕方ないとはいえ質問の意味不明さにイライラしたけれど
最初はみんなそうなんだろうから、仕方ない。
未来の良い小児科医になってもらうために、人柱になってきましたよ。ムスメが。

そのあとで、もちろんちゃんとした(?)小児科の先生もきて診察してもらいました。

細菌感染していないか、指先から血液をとった検査と、鼻水からインフルエンザの検査。

私はもう、80%ぐらいインフルエンザだと思い込んでいたのですが、
結果としては、どちらも陰性で、ただの風邪とのこと。

喉が赤くておそらく痛いだろうから、冷たくて喉越しの良いものをあげてとのこと。
アイスクリームとか。
食べたいものを食べたいだけ食べればOKで、無理に食事を与えなくて良いとのこと。
水分さえ取れてれば良い。

風邪の場合はできることは今までしていたのとほとんど同じで
・熱が38.5度を超えて辛そうだったら解熱剤。
・熱が上がりきったら薄着にして涼しくする。
・水分をたくさん取らせる。

このぐらい。
他にできることはありません、と。

でも「ただの風邪」だとわかっただけでも一安心。
ホッとして帰りました。

おかげさまで病院から帰った午後は、熱も上がらず、37度台でウロウロ。
目がしっかりして、おしゃべりも戻ってきて、いつもの感じになってきて一安心。

疲れたのか午後は3時間近くもお昼寝。
2日間ほとんど寝てなかった私も一緒にお昼寝してずいぶんスッキリしました。

夜は柔らかめにゆでたおうどんを冷たい白だしで少し食べることもできました。
ミルクもお水も飲んでくれて、私たちが食事をしていたら、バゲットも欲しがって食べられたのでもう安心かな。

風邪をひいたり、具合が悪い時の夫の役立たずぶりは書き出したらキリがなく
本当に殺意が湧いてきますが

それでもムスメはパパご所望。

夜中つきっきりでほぼ寝ずに看病して、嫌がるムスメの鼻洗浄をしたり、シーツを替えて洗濯除菌して、
食べやすいようにご飯や飲み物を用意して


・・・って、大変なこと全部やってんのママなんだけどな!



でもよくなってきて本当に良かった。
結果的には主治医が言ってた、「明日まで待て」で合ってたのだなあ。
やっぱり3日様子見る、ってのは大事なよう。

なかなか判断難しいけれど、様子をよく見て、落ち着いて、
でも心配だったら、やっぱり病院に連れて行くのがいいと思いました。


---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。


Comments (3) Trackbacks (-) | ムスメ

Comment

No title
編集
たいへんでしたね。
子どもの熱にはどきどきさせられますよね。
普通の風邪でよかったです。
看病で疲れているところに、風邪ウイルスがつけこんでくることが多々あるので、こぐまちゃんも栄養つけて自分をいたわってね。
2016年01月19日(Tue) 09:42
編集
子供の体調の見極め難しいですね。
私の子供もおかしいと思って総合病院に連れて行ったら軽めの気管支炎と中耳炎と肺にも炎症少しでした^^;
幸い、熱は下がってきて元気なのが救いです。
こぐまちゃんのブログはいつも参考にしているので息子より少しお姉さんの娘さんへの対応とっても勉強になります!!
2016年01月19日(Tue) 12:18
No title
編集
*りんままさんへ*
未だに熱が完全に下がらないので、なかなかしつこい風邪みたいです。
冬場はしかたないですね。そうそう親がこれで最後に倒れるってよくあるパターンだから気をつけないと〜!


*プアリリさんへ*
それは病院連れて行ってよかったですね!!
そんなにいろいろなってたなら、辛かったでしょうね〜〜かわいそうでしたね。小さい子はどこが痛いとか言えないから(犬と同じで)こちらが注意しないとですよね・・・。早く良くなるといいですよね!(><
2016年01月20日(Wed) 18:41












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。