TOPスポンサー広告 ≫ 元旦:フランスでお節料理TOP ≫ 元旦:フランスでお節料理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

元旦:フランスでお節料理

IMG_8718.jpg

おせち料理をなんとなく作るようになってから、何年目ぐらいになったのかな。
フランス(モナコ)に来てはじめの頃は、元旦は外でランチをしていたのですが、そのうち日本のお正月のお節料理が恋しくなり、とはいえ簡単じゃないのでお正月はちょっと和風に手巻き寿司を食べるように。
それがだんだん進化して今の形態に。

一時帰国で重箱を買ってきてからは、こんな感じで毎年作るようになっています。





ちなみに私が持っているのはこれです。
中の仕切りは無しのタイプ。
あってもよかったかなと今は思っていますが、なくても特に困ってもいないかな。
重箱があると、お正月だけじゃなくて普段のお客さまの時にもかなり活用できて便利だし、お弁当箱としても使っていて、とても買ってよかったです。
特にこちらでは、来客があるときに、重箱にお料理や前菜を詰めて出すだけで、華やかに見えて日本風で、喜ばれます。



さて、今回の御節料理のお品書き。

・かまぼこ(=日本から母が来たときに持参してもらったもの。冷凍保存。アジアマーケットでも購入可。) 市松模様にカットする事で、赤一本でも紅白の二役。
・玉子焼き(=伊達巻、錦卵の代わりに、お寿司屋さんの玉のような甘めの玉子焼き)
・エビのうま煮(=スーパーの魚売り場で売っているゆで海老を、うま煮用の熱々のだしに浸しました)
・なます(=大根、人参ともにこちらで売っているものを甘酢に。簡単に作りたいときはすし酢を活用もできます)
・いくら(=こちらで売っている瓶詰めのものを、酒、醤油、みりんを煮切った物に漬けてしょうゆ漬け風に)
・黒オリーブ(=黒豆を忘れたので、代わりに。ムスメが気に入ってよく食べていました)
・鴨ロース(我が家の定番。鴨は手軽に手に入るのでフランスでも作りやすい一品)
・プロシュート(イタリアの買い出しで入手)
・筑前煮(干し椎茸、こんにゃくはアジアマーケットで、タロ芋は里芋の代わりに、人参、さやいんげんは普通のスーパーで。レンコンは先日日本から母に荷物の中に潜ませて送ってもらったもの。初めての試みでしたが、若干当たって黒くなっていたものの、なんとかいけた!)
・マグロ刺身(=マルシェで刺身で食べられるマグロと言って買っています)
・鯛の昆布締め(=鯛も生でいけるやつだけど、昆布締めに)
・日本酒=獺祭のEU向けのものがこちらでも購入可能。ニースのアジアナマーケットは他より安めで入手できます。
・ゆずはないので、地元のレモンを活用。これも香り高くて良いです。






IMG_8655.jpg

里芋の代わりに使っている芋はこの写真のやつ。
(オクラのとなりのもじゃもじゃとした芋。)
アフリカ系のタロ芋の一種ですが、里芋に似た食感でぬめりがあってポクポク。
結構重宝しています。
ちなみにここはGrand Frais. このスーパーはエキゾチックの野菜の種類が豊富。
青梗菜、椎茸、ニラ、ココナツ(生の)、オクラ、バナナの皮、とかいろいろとアジア〜アフリカなんかの野菜や果物も手に入るし、しかも安くてなかなか物も良いのでオススメ。
車でないと行きづらいかな。(Lingostiereのカルフールとかの近く)


乾物系(昆布、出汁の素など)は、日本から送ってもらったり、頂いたり、持ってきたりしているものです。
100%こちらのものではなかなかできないのは事実。
出汁は茅乃舎のだしパック、昆布は常備しているので、今回はフル活用。

料理酒、みりんも常備していますが、なかったらお酒やバルサミコ酢などを使ったり。
バルサミコ酢は甘みの強いものはみりんの代わりに結構使えます。が色が黒いので、色をつけたくない料理には無理かな。

来年はぜひ黒豆を煮たいから忘れないように手に入れておかなければ。

ムスメにも日本のお料理や文化を少しずつでも体験させていきたいです。




---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (3) Trackbacks (-) |

Comment

編集
あけましておめでとうございます。

素晴らしいおせちですね^ ^
年越し蕎麦といい外国にいるとは思えない腕前でうらやましいです!
ご主人も召上るんですか?

私は下町育ちなのでおせちや天ぷらは商店街で買う文化の中で育ったので未だに作れず^^;

今年も素敵なブログ楽しみにしています♡
2016年01月03日(Sun) 10:29
No title
編集
あけましておめでとうございます😃
今年もぽんグリ、娘ちゃんの可愛い姿を楽しみにしております。

ところで、昔の記事に、洗えるペットシーツの事を書かれていたのをふと、思い出しまして、、、
実はうちの12歳のトイプードルのかれんちゃんが心臓を悪くしまして、そのお薬の中に利尿剤があるのです。(体の比重を軽くするためらしい)
オシッコの回数が大変増えてシーツの消費量が凄いことになりました。
いくら日本製の安いのでも出費とストックが中々厳しいなぁ、、と困ってたんです。
突然、ああ!こぐまちゃん家はそういえば!って思い出して。
初めて洗えるペットシーツを検索してみました。
色々充実したラインナップでなんだか安心しました。
今、試しに1種類注文したところです。
昔の事だけど貴重な情報をありがとうございました。
2016年01月04日(Mon) 15:51
No title
編集
*プアリリさんへ*
夫は私と知り合うまでは和食は一切食べた事もありませんでしたが、私と知り合って和食を食べて以来、大好きでなんでも食べます。よく聞かれるのですが、本当になんでも食べて、納豆も大好きです。苦手なものはとても生臭いもの(イクラ、生牡蠣、アンチョビ)ぐらいで、これは和食というわけでもないですね。
うちも母はそれなりにはやってましたが、多分ここまで作っていませんでした。色々調べて作るのが好きなんですね。

*キャロルさんへ*
過去の記事がお役に立てて嬉しいです。
もうずっと我が家でもトイレシーツを使っていますが、かなり経済的だと思います。一度買えば数年は持ってくれます。うちは、二匹いますので、全部で15枚ぐらいはあって、それを1日2回ぐらい替えます。都度予洗いをして、バケツに溜めておいて、まとめて洗濯機で洗っています。(3〜4日に1回ぐらい)
慣れてしまったら大した手間でもなくて良いですよ。

2016年01月05日(Tue) 03:52












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。