TOP ≫ 手作りキムチ

手作りキムチ


今年初のキムチを漬けました。

毎年、フランス産の白菜が出てくる頃にはつけています。

パリだと韓国マーケットなどもあるので、キムチも手に入りますが
地方都市ではなかなかないので、食べたいものは自分で作ると。

手に入る材料ばかりで作れます。


---
以下、覚書

<材料>
白菜1株(1400g) 欧州のは小さめ
塩60g

大根1/2(フランスの小さいやつで)
人参1本(小さめ)
細ねぎ(Cebet) 2-3本(緑多めのやつ)

ヤンニョム
水100ml
小麦粉 小さじ2
中挽き韓国唐辛子1カップ(調整する)

りんご1/2個(皮むく)
にんにく4片
しょうが1片
アンチョビフィレー 20枚ぐらい
ニョクマム 30ml〜50mlぐらい
玉ねぎ1/2個
砂糖大さじ1
はちみつ大さじ1
だしパック中身1

<作り方>
白菜は重量の4〜5%で塩漬け、少し水入れてもOK。
一晩つける。
翌日よく洗い流してから軽く絞って、2〜3時間干す。
※塩漬けの状態で美味しいぐらいの塩加減。

ノリを作る
小麦粉を水に溶かしてから温めてノリにする。
ノリが熱いうちに唐辛子入れる。

ヤンニョムの材料全てFPに入れて混ぜる。

ノリ+唐辛子と混ぜる。





IMG_7718.jpg

野菜切ったものと混ぜる。
少し寝かせて落ち着かせる。
※味見してすでに美味しい状態に。

白菜の水気を切ったら、挟んでつける。
根元を多めに、葉先は伸ばせばOK。

タッパーなどに空気を入れないように入れて、ラップなどで密閉して、蓋をして
冷蔵庫で保存。(5度以下の暗いところ)

塩気が少ないと酸っぱくなるのが早かったり傷みやすかったりするので注意。




IMG_7749.jpg

2日後ぐらいから美味しく食べられます。



中に入れるものはアミの塩辛の代わりに、アンチョビ+ニョクマム(ナンプラー)を使っています。
魚介の発酵系アイテムだったら色々代用になりそう。
以下の塩辛、酒盗、カキなどなど・・・ 
果物はリンゴの代わりに梨でもOK。
両方入れたっていいし、柿なんか入れてみても美味しいかも。


意外と簡単で、手作りはほんとうに市販のものなんか目じゃなく美味しい!
ので、ぜひお試しを。海外組の方こそ、ぜひ!



---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。



Comments (2) Trackbacks (-) |

Comment

おいしいです!
編集
こぐまちゃん、コメではお久しぶりです。いつも楽しくブログ拝見しています。
以前のこのキムチの記事、絶対試す!と鼻息荒くお気に入りに入れていましたがついに先週できました!
いやー、なんでしょう、この深い濃い味わい深いキムチは!
こぐまちゃんがおっしゃるようにもうお店のには戻れない、そんな脳みそに旨い信号がバシバシ届くキムチです。漬け込んで今日で6日目で日々どんどんおいしくなっていくのが楽しみでなりません。
こんなおいしいレシピを惜しげもなく公開してくださり本当にありがとうございましたー!
ヨーロッパにいながら揃えやすい材料なのが本当に助かります。(これで材料にイカの塩辛とか言われた日にはやる気ゼロですもん)。
あー、家においしいキムチがあるってそれだけで豊かな気持ちになるわー。
感謝!
2016年01月12日(Tue) 02:15
No title
編集
*すずめさんへ*
お久しぶりです〜!ブログ、拝見しました!
とっても美味しそうに作ってくださって、私まで嬉しい!
そうそう、これはキムチが食べたくても食べられない、在外さんにこそ試していただきたかったのです〜!成功したとの事で嬉しいな!
実は我が家もついこの前の週末に、この冬の第二回を仕込んだところです。
相変わらず美味しくできて、このレシピは鉄板となりました(笑)
鍋や豚キムチや、あっという間に食べちゃいそうです。
2016年01月12日(Tue) 04:07












非公開コメントにする