TOPスポンサー広告 ≫ 夕餉:かぶとブルーチーズとパンチェッタのペンネTOP ≫ 夕餉:かぶとブルーチーズとパンチェッタのペンネ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

夕餉:かぶとブルーチーズとパンチェッタのペンネ

IMG_0161.jpg

ELLE À TABLE サイトで見たレシピ、
枝元なほみさんの、「かぶとブルーチーズのパスタ」を真似て作ってみました。

材料が全部揃わなかったので、イメージだけいただいてあとは勝手に変更。
プロシュートがなかったので、作ってあった塩豚(バラ)を薄切りにして、オリーブオイルでじんわり炒めて脂を出して
その脂でカブを炒めて、パスタの茹で汁の代わりに白ワインを少し入れてしっとりと煮る。
生クリーム、ゴルゴンゾーラを加えて、とろりとさせる。(詰まりすぎたらパスタの茹で汁を)

ペンネが茹で上がったら、黒オリーブを入れて、ペンネをいれてささっとあえる。
最後に黒胡椒をひいて出来上がり。

パスタの茹で時間ですが、スパゲッティーなどのロングパスタの場合は、表示時間より1分ほど短めに茹でますが(ソースにもよるけど)、ショートパスタ、特にペンネは表示時間より気持ち長めに茹でます。アルデンテじゃないぐらい。
どっしりしたパスタなので、短く茹でるとまさに芯が残った感じで美味しくないのと、ちゃんと茹でてある方がムッチリ感が増して美味しい。そして時間がたってもずっとムッチリし続けるのもペンネの良いところ。


こちらのパスタはパンチェッタの脂、白ワイン、クリームにチーズでかなり濃厚なんだけど、カブが入るのでちょうどよくなります。
冬のディナーのパスタに良さそう。
赤ワインと一緒に。
太りそうだけど、バゲットが少しあると、このウマウマソースを残らずたいらげて満足できます♡

これは最近作ったパスタの中でも、なかなかヒット作でした。




---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。


---

Comments (0) Trackbacks (-) |

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。