TOP ≫ 夕餉:自家製ニョッキのハーフ&ハーフソース

夕餉:自家製ニョッキのハーフ&ハーフソース

IMG_7268.jpg

消費しきれない大量のAMAPのじゃがいもに苦心していたのですが
ニョッキを作成。

作ってみたら、ものすごく美味しくて、なんでもっと早くつくらなんだ?!
しかも冷凍保存可能だし。

ソースは、冷凍してあったボロネーゼと、フランスのブルーチーズSaint Agurを生クリームでのばしたソースで半分づつ。
チーズのソースって、それだけで一皿食べると飽きてきてしまうので、思い切って半分ずつにしてみたら
これがなんとまあ・・・ 美味しいったらないわ。

ありがたくも、いつも美味しいご飯を食べていると思いますが
今回のこれは、ここ最近で一番の、後ろめたさと美味しさが、ともにずば抜けた一皿。
カロリーのこととか、塩分のこととか、健康のこととか、全部忘れて美味しい。

それぞれの部分を交互に味わっても、混じり合ったところを味わっても、どう味わっても美味しいわけよ。
ムスメも同じものを食べたのですが、それはもう、沢山食べておりました。

幼児食にも、ニョッキはいいですね。
柔らかくてツルっと食べられて、ソースはもっと軽いトマトソースなどにすべきかもしれないけれど(笑)
でも、パルメザンとバターだけで、さっと和えたりでも、簡単な主食になります。
お米に飽きた子供には、目先が変わって良さそう。


ああ、またすぐにでも食べたい。




---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。


---

<<お知らせ>>


名古屋の建築不動産会社、アーレックスのwebサイト内コンテンツAREX Lifeにて、コラムを書かせて頂いています。
全5回、フランスでの子育てをテーマにしたお話をさせていただく予定で、第一回目が公開されました。
第一回目のテーマは「フランスの子供服」でした。

こちら

よろしかったらご覧ください。


---



インスタグラム始めました。



Comments (0) Trackbacks (-) |

Comment













非公開コメントにする