TOP ≫ 夕餉:リベンジでケールとソーセージの煮込みドイツ風

夕餉:リベンジでケールとソーセージの煮込みドイツ風

IMG_7164.jpg

先日、ケールを使った料理で「ウーン・・・」とイマイチのため息をついていた私に、読者様が
「ドイツには、ケールとソーセージを煮込んだ料理がある」と教えてくださいました。

早速レシピを調べて、作ってみる事に!

ちょうどよく、ソーセージも、ジャガイモも、オーガニックのAMAPのものがあるし!

玉ねぎとジャガイモ(角切り)をドイツ版ではバターで炒めるぽいのですが、そこはオリーブオイルで炒め、(もうバター+ジャガイモって思っただけで重そうな予感だったので)、下茹でして冷凍してあったケールにソーセージを投入して炒めてから、白ワイン、ブイヨンを加えて、(ひたひたぐらい)、蓋をして蒸し煮。
味付けは軽く塩コショウで。

で、結論から言いますと、美味しいんですよ、普通の煮込みぽく。
でもやっぱりケールが・・・(汗)
ケール自体味があんまりないのですが、なんかこのモジャモジャモソモソとした食感がどうにも。
もっと煮込んだらいいのかな、と翌日食べて、柔らかくトロリとして食感は改善していたのですが、うん、なんか、まあ、こんなものかな?!という味(笑)
なんども作ってもっと食べたい!とか、お客さんが来る時にこれを作って出したい!とか思う料理ではないかな(笑)

amapで最初に言われた、オイルでもんで、オーブンでパリパリに焼いて塩振ってケールチップスとして食べるってのが一番正しいかもしれない。




---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。


---

<<お知らせ>>


名古屋の建築不動産会社、アーレックスのwebサイト内コンテンツAREX Lifeにて、コラムを書かせて頂いています。
全5回、フランスでの子育てをテーマにしたお話をさせていただく予定で、第一回目が公開されました。
第一回目のテーマは「フランスの子供服」でした。

こちら

よろしかったらご覧ください。


---



インスタグラム始めました。



Comments (2) Trackbacks (-) |

Comment

ありがとうございます!
編集
ケールの煮込み試してくれたんですね!ありがとうございます!
そして、お味は…なるほど(笑)
ドイツの人はとてもおいしいように言ってましたが…
もちろん好き嫌いもあるでしょうけど、その土地に合った料理というのもあるんでしょうね。
たぶんフランスにはケールとソーセージの煮込みは合わないんだ(笑)
これからもおいしそうなお料理の数々楽しみにしています。
2015年11月02日(Mon) 20:22
No title
編集
*プーさんへ*
こちらこそ、教えていただいてありがとうございます!
いや、味は美味しいと思います!ただ、私が多分ケールがそんなに好きじゃないみたいです。あの食感がどうも美味しいと思えなくて・・・(TT
ケールが好きな方には、ぜひおすすめしたい一品です!
2015年11月03日(Tue) 05:43












非公開コメントにする