TOPスポンサー広告 ≫ 夕餉:ヒレカツなど(お客さんと)TOP ≫ 夕餉:ヒレカツなど(お客さんと)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

夕餉:ヒレカツなど(お客さんと)

IMG_4485.jpg

parisから友人が来ていた先週末。
一泊して翌朝ポートからフェリーに乗ってコルシカへ移動とのこと。
うらやましい。

若いカップルなので、ガッツリご飯にと、安売りのときに買って冷凍しておいたフィレミニョンでヒレカツに。
(奇しくも、ブルターニュちゃんのトコもヒレカツだったようで。ここんちとよくご飯シンクロしています)

ヒレカツは、おたふくソースやマヨネーズをつけて食べてもらったのですが、今回トリュフ塩で食べた一切れもなかなか美味しかった。
「焼き鳥は塩!」とかいう、塩派の方は、是非ヒレカツをトリュフ塩、お試しあれ。
多分ロースだと合わない気がする。
さっぱりしてる、されど揚げ物、なヒレカツにトリュフ塩はこっくり馴染みました。

生椎茸の炊き込みご飯は、椎茸スライスとお醤油、お酒だけで炊いたシンプルな物。でもお米がちょっとぱらっとするのが悩みだったので、冷凍庫に一つ残っていた切り餅を切って入れてみました。炊きあがってからさくっと混ぜて蒸らしてあげると、おこわ風に。
もち米が手に入りづらいこちらでは良いかも。
と言っても餅だってそうそうないけども・・・。

とうもろこしの冷製ポタージュに、ぬか漬けたっぷり、人参しりしりといったメニュー。

飲み物、右手に見えるオレンジのは、アペロールスプリッツ。
イタリアでアペリティーボによく飲む飲み物で、アペロールのリキュールをプロセッコと炭酸水で割って、オレンジを入れて氷を入れて飲むカクテル。甘くてほろ苦い風味がなんとも美味しい。
私はこれを飲むと、イタリアを旅したことを思い出して、とても楽しい気分になります🎵

友人は、古くからの読者の方はご存知かしら、友人Yとそのコパン。
長らくコパンがいない(orできてもなんだか変な人だったりすぐに別れたり)だった友人Yが珍しく一年以上続いているコパン。
今回連れて来てくれました。

友人Yのコパンは、変人な友人Yに勝るとも劣らぬ変わり者。
国籍はブルガリア人だそうで、そもそもブルガリア人とじっくり話したのも初めてかも。
っていうか、ブルガリアと言っても、ヨーグルト、新体操、ダマスクローズぐらいしか知らないけど。
そう言ったら、「そんだけ知ってる人もあんまりいない!」と言われた(笑)

よくよく話してみると、別にブルガリア人だから変わってるというわけではもちろんなくて(←当たり前)
彼そのものがユニークな人みたい。
友人Yはデザイナーで、誰でも知ってるようなメゾンでカバンを作っているクリエイター。
コパンのブルガリア人も写真をやってる人ってことで、アーティスト同士お似合いな感じでした。

友人Yは考えたら私よりもずいぶん年下なので、まだまだ若い。
ゆっくりと楽しい時間を過ごしてほしいな。



ーー

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。


Comments (0) Trackbacks (-) |

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。