TOPスポンサー広告 ≫ 夕餉:タブレのサラダと牛肉とズッキーニ炒めTOP ≫ 夕餉:タブレのサラダと牛肉とズッキーニ炒め

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

夕餉:タブレのサラダと牛肉とズッキーニ炒め

IMG_4310.jpg

頂いたズッキーニの残りと、牛肉の残りと、あとなんだか残ってた野菜(パプリカ、ネギ、マッシュルーム)を全部入れた中華風な炒め。
オイスターソースとごま油を少し。

タブレは、以前もラタトゥイユ再利用のときに紹介したことがありますが
夏のフランスでよく食べる一品。日本でいう素麺みたいな?
クスクス粒を使った冷たいサラダ。
クスクス粒は、ブイヨンで固めに戻して、キュウリ、トマト、パプリカを5mm角ぐらいにカットしたもの、玉ねぎみじん切り、フェタチーズ、黒オリーブ、蒸し鶏の残りを裂いたもの、パセリ、バジル、ミントを刻んだもので和えて、レモン汁、塩、胡椒などで味付けするもの。
よく冷やしていただきます。
クスクスを固めに戻すのは、野菜の水分で戻ることを計算して。
キュウリ、トマトは必須。あとオニオンを入れると風味が出るので私は少し入れます。
他の野菜や具はお好みで。
エビを入れるのも好きです。
香草系を多めに入れて、全体的に緑になるぐらいなタブレはレバノン風。クスクス多めの私の写真みたいなのはフランス風。

暑くて食欲がない時でも意外と食べられるこのタブレです。




しかし、またおかずの組み合わせに節操がない(笑)



ーー

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) |

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。