TOPスポンサー広告 ≫ フランス滞在許可証更新 10年カード申請(ニース)TOPフランス滞在許可証 ≫ フランス滞在許可証更新 10年カード申請(ニース)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

フランス滞在許可証更新 10年カード申請(ニース)

滞在許可証の更新に関するメモ書きです。
内容は書類に関することなので、関係のない人は読んでもさっぱり面白くない記事となっております。

---



モナコ時代が7年と長かったので何気に長く住んでいるような気がしますが、フランス在住はまだ一年未満。
今回初めての滞在許可証の更新です。

モナコの滞在許可証の更新は、楽だった・・・。
そもそも住民の数が少ないから、申請する人の数も少ない、窓口いつも空いてる(笑)
待ったことなんてなかった!

しかし外国人のなかでは悪名高い、フランスプレフェクチュールの滞在許可証更新窓口。
大変!と噂の更新手続きをしてまいりました。


まず、現在所持している初回の滞在許可証は、1年有効。
パスポート内、VISAの隣ページにペタッとシールのようなVignetteというものを貼り付けられます。
これの有効期限が2015年9月30日。

有効期限2ヶ月前より、更新手続きを開始できるので、まさに2ヶ月前の今日、県庁(Prefecture)へ行って来ました。
Niceのプレフェクチュールは147 boulevard du Mercantour 06200
空港から近くです。
私は家からも近いので、車でシャッっと行って来ました。駐車場あります。(1ユーロ/時)

今日行く前に、1ヶ月程前にも出向いて、「滞在許可証の更新に必要な書類の一覧リスト」をもらっています。
この時には、入り口に入ってすぐの受付で聞けばリストをもらえます。

私の場合は、今回10年カードを申請しました。
通常10年カードは、結婚して3年以上、もしくはvie familialeのVisaで3回更新をしている人が申請できます。

ここ、係員の人も分かっていない人が時々いますが、私たちはフランスに3年以上住んでいるわけではありませんが
結婚後3年経過しているため、10年カード申請できます。
「フランスに3年住んでないからむりですよ」とか言われても、そんなはずないですとか粘ると
相手も他の同僚とかに確認して納得します(自分が間違ってることを)

では、以下、ニースでの更新(10年カード申請時)に必要だった書類。

- Documents communs /共通書類(滞在許可証の更新をする人がもれなく必要)

1、Indication relatives à l'état civil 身分証明証
パスポート原本と、そのコピー、写真付きページと査証及び滞在許可証のページ

2、Justificatif de domicile datant de moins de 3 mois / 3ヶ月以内に発行された住居証明
家賃支払い領収書、電気領収書、ガス領収書、固定電話領収書、もしくは、3ヶ月以内に発行された賃貸契約書、住民税納付証明書。

3、3 photographies d'identités. / 証明写真3枚
フォトマトンという機械で撮ったものでOKです。


- 配偶者visaでの滞在許可証更新に必要な書類
1、Justificatif de mariage d'une ancienneté au moins égales à 3 ans : copie integrale de l'acte de mariage .
結婚証明証 Copie integrale de l'acte de mariageは、市役所で取り寄せ可能です。
注意点として、海外(フランス以外)で結婚した人は、フランスに結婚の登録の移転をさせる必要があります。Transcription du mariage sur les registres de l'état civil françaiss.
http://vosdroits.service-public.fr/particuliers/F1432.xhtml
ここでActe de mariageの入手方法などわかります。
フランス国外で婚姻した人の場合は、婚姻届けのTransactionをしていても、
https://pastel.diplomatie.gouv.fr/dali/index2.html
ここでオンラインで申請できます。1週間ぐらいで郵送で届きます。無料です。

2、Nationalité française de conjoint /フランス国籍を有する配偶者とその身分証明証
旦那(もしくは妻)の同行が必須です。身分証明書と、コピー。

3、Communauté de vie /共同生活を証明する書類
今回これが、「ちょっと少ないですね」とか言われてしまいました。
私が提出したのは、夫妻連名のもの、EDFの領収書と、アパートの賃貸契約書。
この二つを出しても、少ない、と言われてえー?と思いましたが、とりあえず書類は受理されました。
ただ、この項目に関しては出来る限りたくさん、なんでも「同じ住所に住んでいることが証明でそうな公的書類」は全部持って行った方が良さそうです。うちは連名の銀行口座はないのですが、あればその証明とか。
固定電話、インターネット契約なども可能なようです。
うちは固定電話、インターネット契約ともに、私が契約手続きをしたので、私の名前でちゃっちゃっとやってしまったのですが
なんなら連名にしておいた方が、滞在許可証の更新の際には便利かもしれません。


とりあえずこれら書類を用意して、受付開始9時からで、到着したのは9時10分ごろだったでしょうか。
3番窓口に並び、pré-acceuil(予備受付)を受けます。
そこで番号札を貰って、本受付になります。
予備受付の時点で、私たちが小さな子連れだったので、子連れ優先券を発行してくれます。
番号早く回ってきます。
受付窓口は6箇所ぐらいあるのですが、そのうちの1箇所が優先専用窓口になっているみたいです。
体の不自由な方、小さい子供連れの方、妊婦、かなりお年寄り、なんかはその窓口に行くようです。

並び始めてから、終了まで、1時間40分程でした。
噂に聞きし、4時間待ちとか、自分の前で閉店ガラガラーとか、そういうことはなかったです。
窓口の人も感じ良くて、こちらの質問にも丁寧に答えてくれました。

私がした質問。
Q1:Quand est-ce qu'on peut avoir la carte sejour?
(いつカードが発行されますか?)
A1: On ne sait pas du tout, mais je suppose que dans votre cas, comme vous avez fait une demande de 10 ans, en générale ça va prendre du temps.
(全くわかりません、としか言えないのですが、あなたの場合10年カードの申請をしていますので、通常より時間がかるのは間違いないです)

Q2:Qu'est-ce que je fais si la validité de la récépissé arrive avant que je reçois ma nouvelle carte?
(カードが出る前にレセピセの有効期限が切れちゃったらどうするんですか?)
A2:Veuillez contacter à la préfecture avant la date, on vous reporte la durée.
(有効期限が切れる前に県庁に問い合わせてください。延長します)

また、ConvocationはSMS(携帯メール)でくるとのこと。
切手を貼った返信用封筒を持参するようにリストにありましたが、そんなわけでいらないと言われました。

レセピセは、滞在許可証の有効期限からさらに2ヶ月後までの日付がついています。
さて、この期限内に、出るのかなあ・・・。
そして、10年カードも必ず出るわけではなくて、審査ででない場合もあるようで。
うちは書類が少ないとか言われたのでちょっと不安。

こういう事務手続きに関しては、よく分からなくていろんなサイトを見たりすると思いますが
私の記録もあくまで参考までに止めてください。
日々変わりますし、県庁によっても違います。

一番確かなのは、問い合わせを直接役所にすることだと思います。
あと、旦那(や奥さん)がフランス人でもあまりあてにしない方がいいです。
彼らもこんな手続きしたことないのでほとんど分かってません。
(こういう手続き得意な方も勿論いるでしょうが・・・)

大変だけど、なんでしょうね、フランスに住んでいくために越えないといけない壁というのでしょうか(笑)
みんな大変な思いをして、やり直しなんどもさせられたりして、通る道。
少しでもスムーズにいくお手伝いになれば、、、と記載しました。

(個別のご相談は、ケースバイケースなのでほとんど答えられない場合が多いと思いますのでご遠慮ください)




ーー

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。

Comment

No title
編集
私はニースでずっと申請・更新をしていて4年前に10年カードをゲットしたのですが、年々対応はよくなってきている気がします。
一番初めのときなんて、レセピセが切れそうなので更新に行ったら(奥でなく、手前の部屋)外国人たちがあまりにも出たり入ったりするのにキレたのか、職員が部屋の鉄格子(!)を閉め、「檻に入れられた」状態になったこともあります。(後で、動画をとっておかなかったことを後悔。苦笑)
他にも、奥の部屋で「本日は受付締切!」といってもみんながどんどん押し寄せるので、シャッターが頭の上に降りてきたり、なかなか動物園でした。

それでも妊娠中に住所変更申請しに行ったときも、優先的に案内してもらえることなんてなかったし、なるべくなら近づきたくないお役所です。
一部の自治体だと、申請だけは地元市役所でも受け付けているみたいなんですが、カンヌはそんなサービスもないんですよねぇ。
2015年07月31日(Fri) 14:35
No title
編集
☆akikoさんへ☆
もうどこの県庁でも、もれなく皆さん嘆いている声を聞きますよね。
かれこれ20年前、私も特に悪名高い、パリのシテ島にある警察署で滞在許可証関連の手続きをした時は、もう少し大変だった記憶があります。
でも、多分悪運が強いのか、私は割とこれ系の手続きは毎度苦労することなくやってこれています。しかしその動物園さながらな地獄絵図、想像がつくだけになおさら笑えます(笑)冗談じゃなくて「閉店ガラガラ」を強行するんですね、彼らは(笑)
妊娠中にも配慮してもらえなかったとは、大変でしたね、かわいそう。きっとスリム過ぎて妊婦ってわからなかったんじゃ!?カンヌは大都市なのですし、外国人居住者も多いのですから、便宜を図ってくれたらいいのにね?
2015年08月01日(Sat) 04:43












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。