TOPスポンサー広告 ≫ 夕餉:ニース産ズッキーニのキッシュTOP ≫ 夕餉:ニース産ズッキーニのキッシュ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

夕餉:ニース産ズッキーニのキッシュ

IMG_4237.jpg

またキッシュ。
今回は、ニース産ズッキーニが美味しかったのでこれを使って。
緑の色が若干薄くて、ローカルの農家で作ってる物です。
歯ごたえがコリコリしてとても美味しいの。

今回のキッシュは、今まで作ったキッシュの中でも一番ムスメがよく食べました。
簡単に作り方を・・・。

キッシュ生地は市販の物を使います。HertaのPate briséeを使ってます。(日本の方は日本のパイシートかな)
ジャガイモは薄くスライスして水にさらしてからレンチン。
オリーブオイルでベーコン(角切りの奴)と、スライス玉ねぎをあめ色のちょっと手前までゆっくり炒めてから、
5mm幅ぐらいにスライスしたズッキーニ、マッシュルーム、ポークソセージをカットした物を入れて炒めます。
軽く塩胡椒(ベーコンとソーセージの塩気を見て加減)
タルト型に生地を敷いて、ジャガイモを敷いて、その上に炒めた具を乗せる。
卵液は、卵3個、生クリーム半カップぐらい?(適宜)塩、胡椒、ナツメグパウダーを入れて混ぜておく。
具を入れたタルト型に卵液を流し込んで、チーズたっぷり。
私は、今回は、エメンタール、コンテ、モッツァレラ、と、エクストラチーズでした❤️
さらに、半分にカットしたプチトマトを適当に散らして、180度のオーブンで25分〜30分程焼く。

ポイントは、スライス玉ねぎ(私は半個分ぐらい)をじっくり炒めることのような気がします。
これで旨味とコクがすごく変わります。
あとは、なんでも具を入れて、しっかり焼いて、一旦程よく冷めたぐらいに食べるのがベスト。
キッシュは熱々よりも、温度が落ち着いてからの方が、生地も具も落ち着いて美味しいです。

もちろん冷たくなった物も翌日も楽しめます。

いつも私はシンプルなグリーンサラダをたっぷり付け合わせにして食べます。
夏は冷やしたワインと一緒にいただくと、最高。

ーー

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (2) Trackbacks (-) |

Comment

No title
編集
おかげさまですっかりキッシュファンになりまして、
うちもまた作りましたよ。
小松菜とかぼちゃと自家製豚ハムのキッシュです。
カロリーが気になるので、生クリームを豆乳に替えて。
それでも美味しかった♪
でもやっぱり生クリームの方が断然おいしいだろうなぁ。
娘も「野菜なんでもおいしくなるね~」と言って、食べてます。
2015年07月25日(Sat) 23:39
No title
編集
☆りんままさんへ☆
本当ですか!なんか嬉しいな〜!
私もすっかりキッシュはまってます!何と言っても、ムスメがなんでもかんでも野菜を食べてくれちゃうので、(そして簡単だし!)ちょいちょい作ってます。
おーーー!かぼちゃいいですね〜〜!私も是非真似っこさせてもらいます!
そっか・・・カロリーとか、考えないで美味しくなればよし!みたいに作ってるから、私は全然痩せないのですねー(TT
娘ちゃん、なかなか大人なコメントですね(笑)おりこうさん!
2015年07月26日(Sun) 06:52












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。