TOPスポンサー広告 ≫ ブルターニュ一家 最終日(マントンビーチ)TOP日々 ≫ ブルターニュ一家 最終日(マントンビーチ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ブルターニュ一家 最終日(マントンビーチ)

あっという間の最終日。

この日ブルターニュ一家は、マントンの街に移動する日でした。

せっかくなので送りがてらマントンで一緒に海遊びでもしよう!という事に。
なんだか天候がおかしいかったこの週末、とても良い天気の海日和。

マントンはフランスとイタリアの国境の街。
リタイアしたようなご老人が多くて温暖な気候で、レモンが有名な小さな田舎町。
治安も良いし、素朴だし、おいしいものも食べられるしとっても素敵な所です。
南仏に旅行で来られる事がある方は是非滞在をお勧めします。
物価も、ニースやカンヌより断然安いし、レストランもイタリアに近くておいしい所も多いです。
でもちょっと田舎臭いので(笑)洗練されたオサレ街を求める方は、カンヌやサントロペ、モナコをお勧めします。









IMG_3378.jpg

Plage privée(プライベートビーチ)といって、いわゆる日本の海の家みたいなものがあります。
ビーチマットやパラソル、シャワー、トイレ、レストランが併設されています。
手ぶらで行って、過ごすことができるのでなかなか便利です。

私たちも子連れでパラソルやマットもなかったので、海の家を借りる事に。
マントンのこのビーチは人口ですが砂浜ビーチでした。










IMG_3361.jpg

ブルターニュお嬢は、初南仏の海だったのにもかかわらず、果敢に海にアタックしていました。
一方、去年も海体験したはずのうちのムスメ、水に少しつけただけでビービー大騒ぎ。
意外なヘタレぶり。
もっとじゃんじゃん水に入っていくかと思いきや
むしろ海に突っ込んでいくのはブルターニュお嬢の方でした。
うちのムスメはもっぱら砂遊び専門だったようです。










IMG_3366.jpg

ムスメはなんだか、ちょうどギャーギャー本当に難しい時期に突入してしまったようで
私がちょっと海に入りに行ったらギャーギャー。
ちょっと泳ぎに行ったらいビービー。
もうね、ほんとうんざりです。


ちょうどブルターニュ一家が来た頃からそんな感じで、
それは現在も続いていまして
朝から晩までギャーギャーピーピー
今まで一人でも割と平気で聞き分けも良かったのですが
すっかり別人のようです・・・。





さて、お昼ご飯を食べるのもこのDifficileなムスメと一緒で大変だったのですが
なんとか食べ終えて、そろそろお昼寝タイムも近づいて来て
お嬢たちもお疲れの色が見えてきたので、お開きにする事に。


ブルターニュ一家をホテルまで送ってお別れ。
ムスメは、海の家からホテルまでの3分ぐらいの車の中ですでに寝落ち。
案の定、あの不機嫌は眠気から来ていた模様。
眠っているムスメはお別れがちゃんとできませんでしたが
こぐまちゃんはみんなとお別れして帰途に。


なんだかおうちについてから、お留守番だったポン太とぐりこが、
「あれ?!残りのみんなは?!」みたいに
ドアの前で残りのメンバー(=ブルターニュ一家)が帰ってこないのでいつまでも待ってみたり

ムスメはブルターニュ家が使っていた自分の部屋を何度も覗きにいって
「みんなどこいった?!」な顔で私の指を引っ張ったり。


皆、相当名残惜しかったようです。



思えば、初対面でこんなに自然に普通に旧知の友人にように過ごせるとか
意味わからないのがブログ友達(笑)

今やインターネットが人と出会うきっかけというのも珍しくない世の中。
特に趣味や興味があらかじめ一致しやすいこうした媒体を通して知り合うと、
大人になってからでもすっと友達ができたりなかなか良いものだなあと思います。

北と南でかなり遠いので、そう簡単に行き来はできないけれども
でも是非また、一緒に遊びたいな。
次回はもう少しムスメ達も大きくなっているし、また楽しいだろな❤️






ーー

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (3) Trackbacks (-) | 日々

Comment

編集
マントンに昔行った時、クリスマスは過ぎていたのですが、外から良く見える所に聖書の場面を再現したらしき素朴なお人形が飾られた家々が細い坂道に沿って沢山あったような気がします。とても可愛かったなぁ、と久々に思い出しました。
他の地域でもそんな風に飾り付けしているのかと思いますが。関係ない話ですみません。
両ブログの読者である私まで、お二人が初対面とは感じないという不思議な便乗同感(?)
親戚みたいに時々お会いになれると良いですね!
2015年06月20日(Sat) 07:56
編集
こんにちわ、いつも楽しく拝見してます♪

小さな子が何かの度に泣くのは調子が悪い時以外は
小さな頭でいろんな事を感じ考え理解して
脳みそが成長してるからだと
だから赤ちゃんは泣くのが仕事なのよ、と
昔、子育てで疲れ果ててイラついていた時に
高齢の保育士さんから聞いた事があります

娘さんもブルターニュさん達と出会い
普段は周りで感じる事と違う
色んな刺激を貰ったんでしょうね♪
ギャン泣きの日々が終わったら
またひと回り成長した娘ちゃんが楽しみですね(^-^)

って、老婆心的な長文コメント失礼しました…
これからもワンズや娘ちゃんの成長をたのしく拝見させていただきます♪
2015年06月20日(Sat) 08:13
No title
編集
☆j&eママさんへ☆
マントンへ行かれた事があるのですね。
クリスマスシーズンのヨーロッパは飾り付けも可愛らしくて素敵ですよね。
マントンはイタリアに近い事もあって、イタリア的なテイストも飾り付けには多いかもしれないですね。


☆ままこさんへ☆
コメントありがとうございます。
なるほどーー、と、少し勇気が湧きました!
確かにそうなのかもしれないです。
子育ては本当にわからない事だらけです(><

2015年06月22日(Mon) 20:38












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。