TOPスポンサー広告 ≫ 夕餉:豚の生姜焼きとカップレーゼTOP ≫ 夕餉:豚の生姜焼きとカップレーゼ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

夕餉:豚の生姜焼きとカップレーゼ

IMG_2350.jpg

生姜焼きはいつもタモリ式。
カレー同様、大好きで定番になっています。

薄切り豚肉(うちはロース)は、小麦粉をまぶして油をひかないフライパンが冷たいうちから点火。
肉が色が変わってきたら、玉ねぎを加えて、玉ねぎがしんなりしたら、味付けは醤油、みりん、酒、生姜すりおろし。
タレがとろりとしてきたら出来上がり。
甘すぎず、油っこくなく、ご飯がすすんじゃう系。

カップレーゼはおなじみ。トマトとモッツァレラとバジリコで。
オリーブオイルとヒマラヤの塩をぱらり。

カブと人参のお味噌汁はムスメもきにいってパクパク。
少し白味噌を入れて甘さを出すとお味噌汁も食べるみたいです。
普通の合わせみそのときはイマイチ。


ーー

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) |

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。