TOPスポンサー広告 ≫ フランスのおしり拭き リニモンTOPムスメ ≫ フランスのおしり拭き リニモン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

フランスのおしり拭き リニモン

以前、育児記の方にも書いたかもしれませんが、オムツ替えアイテムの事。

モナコで出産して、病院で最初に助産師さん、小児科医、産科医、みなから「Lingettesはよくない!」と口を揃えていわれました。Lingettesとは、おしりふきの事。ウェットタイプのシート。

Liniment oléo calcaire(リニモンオレオカルケール)とコットンを使え!と、言われました。







gilbert_liniment_oleo_calcaire_stabilise.jpg

リニモンというのは、オリーブオイルと水が主成分のおしりふき用の乳液です。
大抵は無添加で、保存料なども入っていない、昔ながらの製法で作られています。
ドロっとあぶらっぽいこの乳液を、大判のコットンに500円玉大のせてのばして、それでオムツ替えのときにお尻を拭くのです。
私は、うんちょのときには、一度ぬるま湯で湿らせた大判コットンで拭いてから、リニモンコットンでさらに拭いていますが、最初からリニモンコットンでもOKです。








coton-carrefour-baby-maxi.jpg

ちなみにコットンは、カルフールのこれ。
大判で、使いやすいし、お手頃価格。
2こ買ったら1こタダ、とかのプロモーションのときにまとめ買いしてます。



リニモンでふき取ると、その油分のおかげで次のオムツ替えのときにもお尻がつるりと綺麗に拭きとれる。
オイルでふき取るので臭いも残らないし、その後クリームなど塗らなくてもお尻はぷるりと良い感じ。


このおかげか、ムスメも一度乳糖不耐症で下痢が続いた時以外は、オムツかぶれ知らず。
お尻はいつもトゥルトゥルです。


日本の育児グッズは本当に優れものが多いけど、おしりふきだけはフランスのこれがいいなあ〜と思います。
一時帰国のときにも、これだけはしっかり持って行きました🎵

それからこれは簡単な保湿乳液みたいに、ママが手に伸ばして塗ったってOKだし、赤ちゃんの肌が乾燥している時なんかは入浴時に数的垂らしてバスオイルにもできるし、簡単なクレンジングミルクとしても使えるとか、なかなか万能選手なのです!

日本でも売ったらいいのにね。



ーー

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (2) Trackbacks (-) | ムスメ

Comment

こんにちは
編集
アメブロにメッセージ頂いたmikiです!
初めまして!まだしっかりとブログを読めてないのですが
最初のリニモンから興味津々です♡
いまはイヤイヤ期ですか?いつ到来するかビクビクです。
私もビール頼んじゃうと思います(笑)
同じ感じで断乳したその日から飲んでますから…
これから、よろしくお願いします♪
2015年04月20日(Mon) 16:30
No title
編集
☆mikiさんへ☆
わざわざお越しいただいてありがとうございます!
イヤイヤ期にはまだちょっと早いはずなのですが、微妙に始まってます。
何言っても首が取れそうなほどブンブン振っております(笑)
時々間違えて肯定の時も拒否してます。
育児してると色々大変だと思いますが、お互い発散方法見つけながら、楽しくやっていきましょウ!
こちらこそどうぞよろしくおねがいします!
2015年04月20日(Mon) 21:55












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。