TOPスポンサー広告 ≫ 夕餉:ビーフカリーTOP ≫ 夕餉:ビーフカリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

夕餉:ビーフカリー

IMG_1962.jpg

気づいたらすごく久々のビーフ。
ポークやチキンが多かった。
もしくは夏野菜系とか。
何年も作ってなかったんじゃないか?!ぐらいに久しぶりのビーフカリー。

塊の煮込み用肉が2kg10ユーロぐらいで安く売っていたので購入。
通常、こういうブルギニョン用みたいな肉は硬くて何時間も煮込まないとダメなのだけど
これは見るからに脂も霜降り、筋っぽさもないし柔らかそうだなー?と。
買って包丁を入れてみたらやっぱり柔らかそう。
でも念のため、圧力鍋で8分かけてみる。
するととろけるお肉に早変わりー。
うまい!

茅乃舎の野菜だしを袋を破って丸ごと投入、
赤ワインたっぷり、玉ねぎ、じゃがいも、にんじんを入れて煮込む。
カレールーは普通の日本のものを適当に混ぜて。
福神漬けがないけれど、コルニション(ピクルス)と一緒に食べると美味しいカレーライス。

サラダは切り干し大根ときゅうりとハムのサラダ。残っていたイタリアンパセリも全部入れちゃう。

ムスメには、いつもの子供用ルーで。
最近何でもかんでもイヤイヤで、ご飯も食べるものがすごく限られているムスメ。
カレーももちろん、自分で食べると言い張り、手づかみ。
そしていちいちじっくり見て、触って、手でこねくり回してから口に入れる。
気に入らない食感だと口から出してパパに「ハーイ!」と食わせる。

ひどい。


ーー

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) |

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。