TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年12月
ARCHIVE ≫ 2015年12月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2015年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

夕餉:エビのトマトクリームパスタ

IMG_8613.jpg

ノエルの残り物消費メニュー その1。
エビのトマトクリームパスタ。

写真なんかイマイチっぽいんですが、これがものすごくうまーー!パスタだったのです。

ノエルの前菜だったゆで海老。
頭と殻を取って身と分けておきます。
フライパンに、エシャロット、ニンニクのみじん切りをオリーブオイルで炒めて香り出し、この頭と殻を入れて(あと冷凍庫にストックしてあった生エビの頭と殻も少し追加。なくてもOK)、頭と殻がカラッと火が入るまで炒める。そこにコニャック(ブランデー、白ワインでもOK)を投入。トマト缶を入れて、少し水も加えて、茅乃舎の野菜出汁粉末を袋を破って入れて煮る。煮詰まってきたらシノワ(ざる)で漉す。この時ゴリゴリとすりこぎで絞る感じに。エビの頭や殻の隙間のエキスまで絞り出す。
このソース(いわゆるアメリケーヌソース)に、エビの身と生クリーム、塩こしょうで味を整えて完成。
ゆでたてパスタを絡めるだけです。

エビソースが濃厚で、エビ好きなムスメもムシャムシャとおかわりして食べておりました。

エビの殻は冷凍室にジップロックにじゃんじゃん放りこんで取っておくに限ります!
また作りたい一品でした。




---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
スポンサーサイト
Comments (2) Trackbacks (-) |

今年もありがとうございました

掃除は29日になんとなくやって、今日30日は買い出しにニースのタウンへ。

アジア食材マーケットで、調味料やらこんにゃくやらお酒やらを購入してマルシェへ。





301215.jpg

結構出てないスタンドもあって、欲しかった買い物はほとんどできなかったけれどお正月っぽいお花だけ。
それらしいものを見つけて、適当に包んで貰ってきました。

こっちの人はこれはメインのお花の脇役に使うみたいで、これだけ立派な枝でも全部で5ユーロとお買い得でした。


それからもあっちのマルシェやこっちのスーパーと、1日じゅう動き回ってぐったり。
それでも欲しかったお刺身だのなんだのと手に入らず。
仕方ない、明日ヴェンティミリア行くかね・・・。




今日で本年最後の更新となりそうな当ブログ。

今年もあっという間だったなあ。
今年は、特にあっという間だったのかな。


2015年は、私的にはあまり良い事もなく、なんだか今は人生でもとても辛く暗い時期なようです。
とかそういう事を書くと読者の方はびっくりしてしまいますわね。

ブログを書く事で、人様に恥ずかしくないようにと背筋を伸ばしてなんとかしゃんとしておられたところもあります。
いつも温かく応援してくださる読者様には感謝の気持ちでいっぱいです。

外国に暮らしていても、日本とつながっているような気持ちになったり、ブログを通じてフランスに住む人たちと交流できたり、また世界中で同じように暮らす日本人の人たちと繋がる事ができたり。


家族が元気で、健康におられる事だけで有難い事ではありますが
2016年、明るく楽しい一年になるといいな。
いや、そういう風に努力していかないといけないですね。
神頼みばかりじゃなくて。






IMG_8649.jpg

ムスメ、ちょうど日本の両親から届いたトトロのブランケットをぬいぐるみにかけておねんねさせているところ。
梱包にはいってたプチプチもかけて保温性を高めているらしいです(?)








IMG_8634.jpg

おままごとの続きは、ワタクシと。

無理やり木のサジを口にグイグイ突っ込まれ、断ると「オーーー!ノーーーン!」とかガイジンみたいなリアクションされます。





今日あたり、というか数日前から怪しい雰囲気はあったのですが
明確に歌らしきものをくちずさんでいました。
しかも一気に何曲も(笑)

やっぱりこの人は、すごいストックしてから一気にバババーーーッと放出するタイプなようです。
2歳2ヶ月とかいったら、歌を歌い出すのにも遅い方だと思うのです。
まずは、しまじろうのミニキッチンのおもちゃから流れる「ハンバーグジュージュー🎵」という曲を真似て、「ハンバージュージュー」と。
最初聞き間違いかと思いましたが、明らかに何度も歌っていました。音程は取れてないけど(笑)

そのあとも車のなかで流している童謡、何曲も連続で合わせて所々歌っており、かわいすぎて悶絶しました。

でも聞いてる事がばれると歌うのをやめてしまうので、こっそり聞いてないといけないという。
やっぱりなんだかまだ自信がないから恥ずかしいのかしら?
そういう事も感じるんだとしたら、本当にどんどん成長してるんだなあ。







という事で、皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。








---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (4) Trackbacks (-) | 日々

お八つ:LACのビュッシュドノエル

IMG_8496 (1)

今年のクリスマスのビュッシュドノエルは、ニースの美味しいpâtissier、LACのものにしました。

種類もたくさんあって迷ってしまったのですが、今回はMiss Tatinという名前のリンゴとキャラメルのビュッシュ。
タルトタタン風のシナモンが効いた煮リンゴが入っています。
そこにミルクチョコレートムースとほろ苦いキャラメルソースという素敵な組み合わせ。

ただ残念ながら、今年ワタクシ、ガストロになってしまいまして、ほとんど食べられなかった(涙)

年明けのガレットデロワもまたLACで買おうかな。
去年ここで買って美味しかった。

ニースの美味しいお菓子やさんがまだわからないから、いろいろ開拓もしたいな。





---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) |

子供達のクリスマス休暇 日常編

保育園もないし、クリスマス休暇満喫中なムスメ。








IMG_8593.jpg

北半球のクリスマスシーズンとは思えないいでたちの人。
そしてそのぽっこりしたお腹はなんだ。




ここ数日の休暇の間も、言葉の泉が湧き出ているようで、いろいろ言ってます。

これは、星の王子様の絵本を読んでいる風に見せかけて、絵本の中の「黄色い部分」を指差しては、「キィーォ!」とか得意げになっているところ。
時折赤や青も黄色と言い切っているけども。


今日は、

「おこーーたーん!」

と。

お父さんとお母さんが混ざった単語のような、画期的な言葉を開発していました。

無論、私にも夫にも、「おこーたん」。
おそらくこれも、しまじろう様の影響。
しまじろうは、DVDの中で「おとうさん」「おかあさん」と呼ぶので
それを真似してると思われます。
うちでは一度も、おとうさん、おかあさんと自称した事がなかったので、驚き。
そして、毎日どんだけ連呼しても覚えてくれない、言ってくれないのに
しまじろうの入れ知恵には素直に反応する2歳児。
しまじろう恐るべし。

「おこーたん」が可愛いので、このまま「おとうさん」「おかあさん」も言えるようになるといいな。







さてこちらの動画はIGでもアップしたものですが
ムスメのおままごとに強引に付き合わされるぐりこちゃん。

我慢しながら付き合っていて、インスタの方にもぐりこちゃんのやさしさを絶賛してくださるコメント多数でしたが
ぐりこちゃんはポン太のようにウーウー言ったり、逃げたりしない代わりに、突然噛みます(笑)
でもその噛みが、間違えてクチビルが触れたチュウ?のようにソフトすぎて、ムスメ全然こたえず(涙)

ま、やっぱりやさしいんです。







IMG_8548.jpg

ぐ:ふんとにもう。


そりゃそうだわね。
ムスメが飽きてどっかにいったら鼻でため息フンフンつきながら、ほっとしておりました。








IMG_8543.jpg

全然関係ないけどポン太。

この子は昼間は私のベッドのど真ん中でどーっかりゆーっくり寝て過ごしているので、あんまりムスメの被害には合わないのね。
時々、ムスメが思い出したようにポン太を探して寝室で寝てるところを見つけると襲撃されているけれども(笑)






---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) | ムスメと犬

今年のクリスマスプレゼント

さて、お楽しみのクリスマスプレゼント。








ムスメにはサンタさんからはコレ。
ミニキッチン。

実は違うモデルの奴を違うサイトで12月になるかならぬかのうちに注文していたのですが、注文から1週間以上も経ってからまさかの欠品連絡。
大慌てで他を探して注文したのがこれでした。

ミニキッチンも色々見たのですが、私個人的にはIKEAのがお友達の家で見ても可愛かったし、いいなあと思っていたのですが、IKEAが遠い。今からの注文だとクリスマスに間に合わない。そして組み立てが大変そう。オンラインオーダーだと送料がものすごい。
そんなこんなで、結局これにしました。

結果、IKEAのより随分コンパクトです。小さいです。
邪魔にならないという点では、まあよかったか。

ただまあ組み立ては死ぬほど大変だった。
うちは、こういう設計図とか夫が全く解読できない人なので、(電気の配線とか、PC接続関連とか、家具とか組み立てるのとか、地図を読むのとか、時刻表を見るのとか・・・って全部かよ!)
私が図面を見て、組み立て指揮官になります。いつも。

が、このスタッフが全く役に立たないくせに文句ばっかりいってホント困るんですよ。

最初全然うまく組み合わせが合わなくて、そしたら
「絶対コレ部品が間違ってるから、もうここに穴開けてネジを通そう」とか。
ありえない事言い出すんですよ。

アンタにかかったら世の中の組み立て品、みんな不良品になるわ。

でもそこで言い合っても仕方ないのでぐっと我慢して、目をショボショボさせながら、鉛筆であちこち印つけたりして(夫はこういう手間を絶対とらない。全部勘で行こうとするからできないんだよこのタコ)なんとか完成。

ほとんど私が作ったのに、達成感でいっぱいな顔+疲れたとかぬかされて本当に窓から投げ捨てたくなりました。(←夫をですよ、キッチンじゃなくて)




IMG_8493.jpg

さて、キラキラなガーランドと共に、おもちゃコーナーに設置。
他にもタタ(叔母)達からのプレゼントや、私の親からのプレゼントも設置。

明日の朝が楽しみ、わくわく。





さて、ムスメはサンタを理解してるのか否か?
まだクリスマスやサンタの意義はわかってなさそうですが、この町中のイルミネーションやら、しまじろうDVDでやたら登場してくるサンタとトナカイやらを見てぼんやりと、「太った赤い服着た感じの良いおじいさん」の事は認知はしているよう。
TVや雑誌にサンタが出てくるとやたら指さすし、先日ショッピングセンターで見かけた写真撮影のサンタの事もめっちゃ指差してた。
だけどプレゼントとの関連はまだわかってないかな。




IMG_8506.jpg

んで、翌朝。
起きてサロンに入るなり、足を止めてビビるムスメ。
こういうところが大胆なんだか小心モノなんだかわからないところですが、いつもと様子が違うので近寄ろうとしないムスメ。

でも私たちが、「ムスメちゃん!なにあれ!みてごらんよ!」とかワクテカすぎる様子なので、おどおどしつつもちょっと嬉しそう。
でも一人で行くのが怖いらしく、パパを引っ張って連行。
見たら新しいおもちゃ!!ってんで、速攻パパを振り払って遊びに興じていました。

もうミニキッチン、このタイミングでよかったーという大成功でした。
本当は10月の誕生日にかってあげようか迷ったのですが、あの頃じゃちとわかってなかった気がします。
ちょうど、先のこどもチャレンジについてきた付録が、ミニキッチンでお料理セットだったのですが、DVDと絵本が一緒についててものすごくイメージが湧いたようで、毎日どハマりして遊んでいたところだったのです。
そこに登場したさらなる大型キッチンに、ムスメも大喜びでした。
ただし、こどもチャレンジの小さな調理台をミニキッチンに乗せて遊んでいましたが(笑)

まあとにかく嬉しそうでよかった。





IMG_8549.jpg

これは両親から。
選んだのは私ですが。
Bonpointのチュニック2枚。
このタイプは使いやすくてお気に入りです。
3歳用を買っています。






IMG_8532.jpg

巨大なぬいぐるみはタタ達から。
いちごの香りのするロッツォ。
タックルしたりスリスリしたりしています。

ちなみに着ているのは、買ってもらった3歳用チュニック。
ムスメの体型は標準的だと思いますが
(2歳2ヶ月、 身長88cmぐらい、体重12kgぐらい)
2歳用だと本当にぴったりちょうどです。
来年も着せられるのが欲しかったら3歳用がいいと思います。







---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。

晩餐:クリスマスディナー ブレス産プーラルドロースト等

毎年クリスマスには丸鶏のローストを作っていますが、ここ数年そのレシピもいい感じで固まってきました。

今年は大奮発して、ブレス産のPoularde(プーラルド)を試してみる事に。

ブレス産の鶏はフランスの家禽の中で唯一A.O.Cを名乗る事ができます。
徹底した飼育管理の元飼育されて、プレ(鶏)、プーラルド(雌鶏)、シャポン(去勢された雄)の順に大きくなっていきます。
通常の鶏と違って、餌もトウモロコシやミルクなど与えられ、飼育もフリーレンジで最後の数週間だけケージ(ミルクをあげながら最後太らせる)、普通の鶏の倍以上の週数をかけて飼育されます。

特にプーラルドとシャポンに関しては、このノエルの時期に照準を合わせて夏頃から飼育されるらしく、この時期にしか食べられないのだとか。

という事で、今年はプーラルドを買ってみました。
2.3kg、うち、大人2+子供1なんですが、だいたいこれで5〜6人は通常食べられます。
まあ、うちは大食漢が揃っていますので、このぐらいなんて事はない。

IMG_8377.jpg

これがブレス産のプーラルド。
店頭では布できっちり包まれて、ブレス産鶏の特徴でもある青い脚と頭がついています。
買う前に見せてもらって確認してから、掃除をしてもらいます。
頭と手足を落として、内臓を外します。
肝系は空にしたお腹の中に入れておいてくれるので、あとで使います。




IMG_8406.jpg

ローストにする前日から準備開始。
一度綺麗に掃除して洗ってくれていますが、もう一度水で洗ってさっと拭きます。
中に入れてあったレバーと砂肝は、血管や皮をとって牛乳につけておきます。
首づるが残っていたのでそれも切り取って、これはとっておいてブイヨンをとる時に使います。

さて、プーラルドはブライン液に一晩浸します。
ブライン液とは砂糖と塩を溶かした液。
これにつけておく事で、お肉に味がしっかり入り、なおかつジューシーで柔らかく。
これをするとしないではローストチキンの味が全然違うので、ここ数年はこのやり方。

ブライン液は100mlの水に塩・きび砂糖を小さじ1ずつ。
今回ちょっと失敗だったと思ったのは、ブレス鶏は脂がすごく乗っているので味が入りにくかった事。
少し多め(小さじ1多め)ぐらいでよかったかも。

このブライン液、だいたい600ml分程度をジップロックに入れて肉を浸し、ニンニク、イタリアンパセリ、セロリの葉っぱ、ローリエなどを適当に放り込んで空気を抜いて、ボールに入れて一晩冷蔵庫へ。




IMG_8469.jpg

一晩冷蔵庫にいた鶏ちゃん。

途中時々ひっくり返したりしつつ、まんべんなくブライン液が回るように。





さて、当日。
ローストチキンは1kgあたり1時間の焼き時間、というのがだいたいの目安。
うちは2kgオーバーなのでたっぷり2時間は掛かるつもりで逆算して準備を開始。



IMG_8473.jpg

まずはファルス(詰め物)を作ります。
うちはここ数年は毎年もち米ピラフにしています。
牛乳につけて血抜きをしておいた、砂肝、レバーを細かく刻み、セロリ、玉ねぎ、人参のみじん切りと共にオリーブオイルで炒め、水につけておいたもち米を入れてさっと炒めます。
そこに、首づる肉+茅乃舎の野菜だしでとったブイヨンを入れて固めに炊き上げます。
で、冷ましておく。





IMG_8474.jpg

一緒にローストする野菜を準備。
ジャガイモだけはレンチンを軽くかけておく。(ここにジャガイモ写ってないけど)
今年の野菜は結構良いチョイスでした。
ジャガイモ、ポチマロン、フェンネル、玉ねぎ、オクラ、マッシュルーム、人参。








IMG_8475.jpg

さて、ブライン液から引っ張りだしたプーラルドに、もち米ピラフをぎっしり詰めて爪楊枝でお尻を閉じます。
手羽の部分は胸側で爪楊枝で止めて折り込んで。
さらにハーブソルトを上から塗って、オリーブオイルを塗る。









IMG_8479.jpg

230度のオーブンで15分、その後170〜180度のオーブンで1時間半、そしてスイッチを切ったオーブンで20分休ませます。

途中、30分おきぐらいにオーブンから出して、下に溜まった油と肉汁を上からかけます。
焼き色が付き過ぎそうだったりしたらホイルで保護。

野菜は、最後30分ぐらいで投入します。
(最初から入れておくと焼きすぎてしまう)






IMG_8488.jpg

で、出来上がりはこんな感じ。

さすがのプーラルド、今まで食べてたローストチキンとはまあ全然違いました。
まず脂が鶏肉なのに霜降り?みたいに綺麗に全体にのっていて、そして身がぎゅっと締まっている。
モモ肉、手羽先、ささみ、胸と、部位ごとの美味しさがしっかり味わえる。
普段好きじゃないパサパサしがちな胸なんかも、しっとりふわっふわ。
本当に美味しかった。

そしてブライン液につけてあったので、基本のうす塩味はついていました。うちはそのまま食べましたがもちろんグレービーソースなど作っても美味しいかと。
私はトリュフ塩をふったり、柚子胡椒をつけたり、ろく助の塩をふったり、いろいろしながら食べました。
シンプルな塩味美味しかったです。(肉汁がすでに濃厚なので)

それからワイン。
ブレス産の鶏に合うもので、、、という事でコートドニュイの軽めの赤に。
チキンといえば白、というイメージでしたが、ワイン売り場の人に相談してこちらの赤にしてみました。
普段はタンニンのしっかりした重めの赤しか飲まないので、こういう赤もたまには美味しかったです。

ただ前菜のシャンパンが残っていたので、シャンパンとも一緒にいただきましたが、シャンパンと合わせる方が私は好みだったかな。
そう考えるとシャンパンの万能選手ぶりには関心しますね。
フレンチも前菜からデザートまで、和食も寿司でも天ぷらでもなんでもあっちゃう。

しかし2.3kgはやっぱりでかい!(笑)
来年は、ブレス産を買うにしてもプレ(もっと小さい、2kg以内)でいいかなあ。

しかしこのプーラルドは本当に美味しいと思います。
プレぐらいのサイズだと小さめだったりするとちょっとパサついたりしてしまうのだけど、これだけしっかり大きいとふっくらパリパリとし上がるし、ターキーのようなぼやんとした大味にもならないし。
4〜5人いたら、プーラルドが絶対いいな。





IMG_8487.jpg

前菜は毎度おなじみ
ゆで海老にフォアグラ
今年はコブサラダを作ってみました。
コブサラダ、簡単だけど箸休めになるし、翌日の残りにはシーザーサラダドレッシングをババっとかけて全部混ぜてサンドイッチに入れたりしても美味しくて、作ってよかったです。
ムスメも何かしら食べられるものが入っていて、楽しんでつまんでいました。

フォアグラに合わせて、今回初めてジュランソンの甘口の白ワインを買ってみました。
確かにフォアグラとよく合いました。
が、このワインだけで飲むって事はないかな、うちの場合は・・・。
あとはなんか甘酢あんで作るような料理とか、ちょっとオリエンタルな料理とかにもこのワインは合いそう。
例えばパイナップルの入った酢豚とかね。きっと美味しいかも。


そしてムスメには、ブレス産プーラルドよりも、意外にもゆで海老が好評でした。
エビラーだったか!!
私の小さい頃と同じだわ。


という事で、今年も美味しく食べ納めをしたのですが・・・
よく25日から、どうやらガストロの私。
クリスマスランチから具合が悪くなって、ほぼ24時間何も食べていない状態。

おかげでクリスマス太りせずに済んでよかったかな(汗)




---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。




Comments (2) Trackbacks (-) |

クリスマスイブの準備

みなさま良いクリスマスをお過ごしになられましたでしょうか。

ヨーロッパのクリスマスは、日本の元旦のような感じで、家族、親戚が集まってお祝いってパターン。
うちは集まるような親戚もこちらにはほとんどいないので、家で家族だけでクリスマス。
だから地味な方なんだけど、それにしてもなんだか毎年準備は大変。




IMG_8463.jpg

ノエルの買い物はだいたい済ませてあったのだけど、24日の朝、ビュッシュドノエルだけ買いにお出かけ。
LACのケーキが美味しいので、最寄りのLACが入っているデパートへ。
朝からかなりの長蛇の列でびっくり!
予約などしてませんでしたが、ちゃんと買えてホッ。

また後日ケーキの写真も載せますが、ミニタイプのをいくつか買うか、大きなビュッシュを一つ買うかで散々悩んだものの、今年は大きいのを1個買う事に。
これがまた美味しかったんだけど、他の味もやっぱり食べたかった・・・
来年はミニタイプを沢山買おう!





IMG_8445.jpg

ムスメは街中のイルミネーションやツリーを見るたび大興奮。
「カーワイ!カーワイ!」を連発。

スーパーのチープなツリーにまで大絶賛(涙)
来年は、ツリーをおうちにも飾りましょうね。

ここでツリーを見ていたら、同じぐらいの(もうちょっと小さいかな?)女の子と、そのお姉ちゃん(推定5歳)がやっぱりツリーを触りに来てたんだけど、その子達を見つけるや否や、近寄って行って思っきし話しかけるムスメ(笑)

Regards! Regards!! キーーレイ!!


って、Regards!!(見て!)はわかるけど、「キレイ」はわからんのでポカンとする二人(笑)
でも構わず話しかけてなんなら手をつなごうとする勢い。
この子のこの社交性はどこから来たのでしょうか・・・(私でもオットでもない)






家に帰ってからは怒涛のクリスマス準備。
今年は奮発して購入したブレス産のプーラール(鶏とシャポンの間ぐらいの大きさ)。
しっかり入念にお手入して、美味しく焼き上げないと!という事で、午後いっぱいキッチンに篭って鶏やその他の準備と格闘しておりました。

チキンやノエルのディナーについてはまた後日改めてまとめるとして・・・。




IMG_8467.jpg

先日、日本からの小包に入っていた、ガトーフェスタハラダのシュトーレン。
期間限定みたいなのですが、これとっても美味しかった。

なんだか今年あたり、シュトーレンという文字や写真をあちこちインターネット(日本の)で見かけました。
流行っているのかな?

私はこちらに来た時に、たまにいただいたり、ご馳走になったりしていたのですが、なんだかぱっさりしてイマイチ好きではなかったのですが、このシュトーレン、さすが日本のっていうか、日本人好みの繊細な味で、バターたっぷりでしっとーり。
とっても私は好みでした(カロリーすごそうだけど!)

クリスマスディナーの用意をする合間に、おやつにこっそりキッチンでいただきました。
どうせムスメはこういうの(ドライフルーツがお酒に漬かってるようなおやつ)あんまり好きじゃないからね。


さてこちらは25日もまったりと過ごして、クリスマスも終了となっていますが
25日は午前中のんびり過ごして散歩に行って、帰ってきてクリスマスランチをして、そのあとなんだか体調が悪くなり・・・
ランチにチキンと一緒に飲んだブルゴーニュのせいか?とか思いながら、とにかく午後1時から6時までひたすらベッドでウトウト過ごしてしまいました。こんな事久々。
なんとも気分が悪くて頭が痛くて。
風邪って事はないと思うのだけど(風邪の症状はない)なんか疲れが一気に飛び出てきたような感じ。

少しゆっくりさせてもらって、ましになってきたかなあ。

クリスマスが終わったら、今度は日本人モードでお正月の準備です。
ムスメには両方体験してほしいから。
(そして私はやっぱりクリスマスディナーより、和のおせちの方が好き♡)

さあ、手に入る材料で、今年もおせちりょうり作ります。





---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。



Comments (0) Trackbacks (-) | 日々

レセピセの期間延長(10年カード申請中)

現在、滞在許可証(10年カード)の申請中で、カードが出来るまでの間、暫定的に「レセピセ」という名の臨時カードを所持しています。
通常このレセピセの有効期限内に滞在許可証が出てくるという前提なのですが、往々にして期限内に出来ない。
そうなると、レセピセの有効期間を延長してもらう必要があります。

私のレセピセは12月29日まで有効、あと1週間を切っていますがまだ滞在許可証は出来てこないので、今日は県庁(プレフェクチュール)へレセピセの期間延長をしに行ってきました。





IMG_8397.jpg

Etrangères(外国人向け)ラインの窓口3番へ。
朝9時過ぎについたら(9時オープン)すでに長蛇の列。

ここから2時間半待って







IMG_8396.jpg

ようやく一次受付を済ませて、番号札をもらって待合スペースへ。
ここでも30分以上の待ち時間。


レセピセの期間延長には、パスポート、レセピセ、証明写真1枚 が必要。
写真忘れないように。


番号を呼ばれると、窓口で新たに期限を3ヶ月追加したレセピセを作ってもらって終了。
ちなみに私の滞在許可証の進捗は、現在「En cours de fabrication」(=作成中)とのこと。
審査は通ってあとは出来上がるのを待つばかりだそう。
「もうじき出来ると思うけど、いつとは言えない。」とのことでした。
そりゃそうだろうな。


レセピセの期限を延長したら
・Pole emploie
・CAF
・セキュリテソシャル
これらの機関に、新しくなった滞在許可証(レセピセ)のコピーを送らないといけません。
すでにPole emploiとCAFからは催促レターも来ていたので、早速手配しないと。

滞在許可証関連は、本当に毎回時間もかかるし大変で、日本人の人からもよく嘆きを聞く場面でもあります。

私はさいわい、今までそれほど嫌な思いをしたことがないなあ・・・と思い返してみたら
いえいえ、一度、ありました。

それは私がまだ学生で、フランスへ渡ったばかりのころ、CAFでAPLを申請する時の窓口でのこと。
今から20年近くも昔のことだし、若かったし、色々わかってなくて無知だったし、何よりフランス語が拙すぎた。
だから窓口のおばさんがものすごく意地悪に見えたし、言われてることもよくわからなかった。
心細さと情けなさと、外人だから不当に意地悪されたような思い込みでひどく傷ついた記憶が。

後になって考えると、単純に私が無知でフランス語ができなかっただけのこと。
受付のおばさんは、確かに愛想がよくはなかっただろうけど、よくある範疇内の無愛想さだったと思うし、別にこれといっておかしなことは言ってなかったと思う。
今となって思えばね。

こういう役所関係の申請などは、来仏して間もなく行う手続きが多くて、到着したばかりでまだフランス式の諸々に慣れてない。
フランス語もあまり流暢じゃなかったりして、それで皆つまづくのだと思う。
おまけに日本のアドミとスムーズさが違うからそういうことも、いちいちイライラしてしまうのかと。

今回フランスでの滞在許可証の手続きは、すでに一度は大昔にパリでも経験しているし、ここに越してくる前にはモナコで7年住んでいたから、「フランスに到着したて」というのとはちょっと勝手が違う私。
何よりフランス人やフランス社会で仕事をして、図太くなっているし、言葉にも不自由しない。
だからこの頃は、フランスでのアドミ関係で不快な思いをすることがなくなっていたのかも。
「フランス人が最近親切になったのかなー?」なんて思っていたけれど、なんのことはない、こっちが慣れて、言葉がわかるようになっただけなんだ。

大抵の不快な思いをした部分は、今思えば自分のフランス語力の足りなさ=コミュニケーションの不足に問題があったなと思う。
言葉が追いついて、コミュニケーションで誤解がなくなるようになってからは、そういう嫌な思いをした、とか、意地悪をされた、とか思うことがなくなった。
逆に言えば、最近でもたまに「なんかちょっと感じ悪かった」、とか「嫌な気分にさせられた」と思うような時は、だいたい私の言葉足らずだったり、フランス語の理解が不十分だったりすることに起因しているように思う。

こちらに来て、数年経って慣れてきたぐらいの日本人の人が、フランス嫌いになってしまっているのを時々見かけます。
「フランス人はこれだから!」「どうせフランスだからね!」とか。
確かに日本とは違うけれど、でもそれは文化も習慣も違うから仕方がない。

嫌なところばかり目についてしまう時期ってあるけれど、(私もあったと思うけれど)でもこの国にはいいところも沢山ある。
革命を経験しているからか、やっぱり自由に対する意識が強い事、個が尊重されるところ、人と違っても決して馬鹿にしないところ、Loud minorityでも声をあげていいところ。
もっとシンプルに言ったら、お年寄りや子供や女性に親切なところ、知らない人同士でも挨拶を交わすところ、バカンスが大好きで人生を楽しむ事が好きなところ、融通がきくところ、なんだかんだ最後には帳尻を合わせていい仕事をしあげちゃうところ。

私はフランスのそんなところが大好き。

嫌いになったり、うんざりしたりする前に、郷に入っては・・・ではないけれど、もうちょっと頑張って、理解し合えるようになってみてほしい。
そうしてこの国の良いところに目を向けて、フランス嫌いにならないでほしいなあ。
せっかく縁あって、この国に暮らしているのだから。



---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。

夕餉:豚しゃぶ野菜細切り鍋

IMG_8306.jpg

すいません。
写真で見るとあまり美味しさが伝わらないというダメな写真になってしまったのですが
豚しゃぶ鍋、非常に美味しかったのです。

そもそも、某国でマダムヤンしているゆやこちゃんがIGにアップしてた豚しゃぶ鍋がいつも美味しそうで影響されて真似をしたというのが発端。
にても似つかないものが出来上がったわけですが、これはこれで!美味しかったんだよ?!

まず、出汁が大切。
冷凍庫に残ってた鶏手羽を動員して出汁を取り、さらに茅乃舎の野菜だしも投入。
ダッシダシ(←?)になったところで、白菜の白いとこを投入してさらなる白菜出汁も出してやる。
とこれで準備OKで、あとはマダムヤンの方は、細切り野菜と豚の薄切りノしゃぶしゃぶなのですが、私はちょっと横着して、人参と大根をピーラーでピラピラ野菜に。あと本当はネギが必須らしいのですが、こちらは細いわけぎ的なネギしかないので、それを大量に細切りするのが結構大変。ということで、ポワロー葱を代わりに。
ポワロ葱はガンガンと細切りにしてみました。
あとしいたけも入れたよ。

が、やっぱり野菜は全部同じような形状=細切り にした方が良かったかな。次回はそうします。

これらをさっとしゃぶしゃぶしましていただきます。
鍋の方は薄口醤油と塩であっさり味をつけていますが、一応手元の取り皿で、生七味や柚子胡椒、ゆずポン酢なんかをお好みで色々しながら食べたりとかね。
豚の薄切りは、いつものスライサーを使って、バラ肉をしゃぶしゃぶ用薄切りにしましたよ。
モモ肉とかだとやっぱりパサパサしすぎて美味しくないと思われますので、多少脂のある部位の薄切りが良さそう。

とてもとても美味しくて、これは是非もう一度ぐらい、この冬にやろうと思います。






---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。


Comments (0) Trackbacks (-) |

ノエル前、雑事色々

こちらは学校もみんなおやすみになって、ムスメも保育園は年内はおしまい。
いよいよノエル(クリスマス)ムードで準備にバタバタし始めました。

今年のムスメへのプレゼントは、ずいぶん前もって余裕を持ってネットで注文しておいたのですが、発注から10日程経ってから在庫がないとかメールが・・・。なら最初から決済できないようにしておけーー!!と返金じゃなくてBon d'achat(その店で使えるクーポン券)とかいってくるのでオイオイオイ!と電話して返金処理してもらうように手配。(メールも)
あんまり知らないサイトだったからやっぱりやめておけばよかったと後悔。

結局その後、アマゾンで注文。
が、不在時に配達、郵便局へ戻されて取りに行ったらその局には保管されていないとか。(ちなみに不在票にはそこの郵便局が書いてあるのに)。で、違うセンターへ行かされる。
あー本当に車持ちでよかった。車なかったらこれどうすんだ?
そして荷物はかなり大物。

しかも謎なのが、その時、日本からの小包と、アマゾンのムスメ用プレゼントの2つ同時に配送されたのに(不在届けが同じ時に同じ担当者で入ってた)1つはA局、1つはB局に送られていたこと。
なぜわざわざ別々に・・・?
意味がわかりませんが、もうこういうことにいちいち怒っても仕方ないので、ともかく2つとも無事に回収できてよかったね?ということで。


そんなムスメのプレゼントはまた後日ご紹介するとして。


ここ数日のちょこまか




IMG_8356.jpg

欲しいなと思っていた靴がセールになっていたので購入。
Richelieuタイプのこんな靴は久しぶり。
最近は子供もいるし、車も運転するのですっかりヒールを履かなくなっていたのですが、夏はビーサン、冬はUGGの二択になっててそれじゃあんまりだよと思っていたところに履きたくなってきたこんな靴。
タイツに合わせても、パンツでもいいし、カジュアルブランドなので靴底はゴム張りなのもガンガン履けて、滑らなくて良いです。

ムスメにはzara babyでショートブーツ。
内側がボアになっていて暖かくて、サイドゴアで履かせやすい。
早速気に入ってくれました。(=つまり家でも履く・・・。)







IMG_8361.jpg

先日買いに行ってきた、Christian Campriniのショコラ。
年末年始のお楽しみにと、先日解禁。
毎晩、1日のことが終わって、お風呂に入って、ゆっくりタイムに数粒つまんで楽しんでいます。
フレーバー一覧を見て、どれがどれかしら・・・とかやりながら
今日はこの味〜!とか選んで食べるのが楽しい。
胡椒の香り、とか、なんちゃらのカラメル、とか、エズのマンダリンとか、なんかいろいろあって楽しいのです。







IMG_8393.jpg

ここ2晩ほど、またしても連夜の夜泣きで親ベッドにやってきて一緒にHの字になって寝ているムスメ。
夜中に泣いて起こされて、そして一緒に寝ると寝相がめちゃくちゃ悪くって、
さらには朝起きるのがやたらと早いもので親たちは寝不足。
6時半頃には起き出して、旦那と私にプチュプチュとチューをして起こしてくる人。
可愛いんですけど、眠いんです。
あと30分寝かせて欲しいのね(涙)
と思ってたら、旦那がおもむろにiPhoneでYoutubeを開いてポイとか渡してまた布団に潜り込んでいるのを発見。
開いたページは、なぜか「あらいぐまラスカル」第1話。
あのオープニングテーマが聞こえてきて、猛烈な懐かしさ。
ふと見ると画面に夢中で私らのことはすっかり忘却の彼方なムスメ。
シメシメと、ちょうどもう30分寝られました。
(終了と同時に叩き起こされた。)

それからこの日は、「ハウス名作劇場」のリクエストで、なんだかダンナがいろいろせがまれて探しつつ見せてました。
特にムスメはテーマソングの部分を見るのが好きみたいで、歌が流れると踊っておりました。
「母をたずねて三千里」は特に気に入ったようで、何十回とリピートさせられておりました。



まあそんなこんなで
クリスマスの準備も、買い物はほぼ完了。
明日からぼちぼち仕込みに入ります。

今年は初めて、ブレス産のプーラールを買ってみました。
震えるお値段でしたが、せっかくこの国にいるなら一度ぐらいノエルに食べてみたい。
ここ数年、毎年チキンを焼いていてだんだんいい感じに我が家レシピも出来上がってきたので、今年はブレス鶏で挑戦してみたいと思います!

また後日ご報告を。









---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (8) Trackbacks (-) | 日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。