TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年02月
ARCHIVE ≫ 2015年02月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2015年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

日々の三兄妹




IMG_1263.jpg

ヨタヨタ歩くムスメを
見守りつつ歩く狛犬たち









IMG_1267.jpg

ではありませんよーー。







IMG_1241.jpg

そのあぶなっかしい足取りで
握りしめたバナナを落とさないかと









IMG_1250.jpg

ガッチリマークしているだけなのですよー。



そして結構な確率で落とす
もしくは、ふわふわTVなど見ていて横取りされて
大泣きするムスメ。

兄弟ゲンカさながら、ですわー。









IMG_1255.jpg

それにしても

アプリコット、ブラウン、ベージュの3匹に見えるという。


もしくは、またぎと獣たち。








にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
スポンサーサイト
Comments (2) Trackbacks (-) | ムスメと犬

夕餉:鯵、とか



IMG_1233.jpg

前日の、ヴェンティミリアの食材がまだまだたくさん。

鯵は大きなマルアジだったので、半身はタタキ、半身は塩焼きに。
大きな房のグリーンピースで豆ご飯
菜の花辛子和え
オクラ(これは近所のスーパーで)おひたしはめんつゆで簡単に
イタリアサラダ菜のサラダ オリーブオイルと茅乃舎の煎り酒を振りかけて和えて。
味噌汁は不室屋の加賀麩(頂き物)

最近は、ムスメ用に特別な食事は用意しなくなりました。
大人とほぼ同じように食べています。
ただ、小さく切ったり、香辛料を使う前に取り分けたりはしますが。

豆ご飯、嫌がるかなー?と思いきや普通に食べていました。
それから鯵の塩焼きも、この半分はムスメが。
菜の花は辛子が強かったしにがみもあるので、食べないと思い試さず。
今度パスタで使うときに、トライします。



なんでこんなに料理をしているんだろうと思えば
もちろん一番には、食べることが好きだから。
それから作ることが好きだから。
そして、食事が自分の人生に於いて重要なファクターの一つだから
今そこに時間とエネルギーを注ぐことができる状況だから

パワー配分が他に移ったときには、
きっと毎日こんな風に食事を作ることはできなくなると思います。

それでも、今、熱心に、真剣にご飯を日々作って
それを食べてムスメの血や骨や肉となり
精神を支えて、知能を働かせていると思うと

食べるものを作ること
なんて大切な仕事。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (2) Trackbacks (-) |

ちゃんこ うちの子の場合

先日トイプーブログのチルさんがこんな記事をUPされておりました。

かいつまんで説明すると、チルさんの義父は座ることを「ちゃんこ」というと。
そんなん聞いたことないぜ、チロさんもびっくりだぞっという記事。

それを見て、ふと思い出したアタクシ。
そういえば、先日実家に帰ったとき、うちの父もムスメに「おちゃんこしなさいよー」とか
言ってたな。
なんだそれ?と思いつつスルーしてしまってたなと。


そんなことをチルさんにツイッターで報告していましたら、
九州地方のゆっちさんも「ちゃんこは標準語でしょ!」ぐらいな勢いで参戦してきまして
ちょっとした「ちゃんこ談義」に花が咲いたわけです。


大いに盛り上がって、しまいには「それぞれの子達のちゃんこへの反応を動画に撮って送りつけ合う」までに発展。


変なテンションで盛り上がってしまいました。


その時の模様、チルさんちはこちらにUPされてます。


「ちゃんこ!」とか言われて、ぬいぐるみをくわえたチロさん、戸惑いながら不安そうにおすわりする動画。
萌え度高すぎます。
そして、不安そうながらも飼い主の気持ちを汲んで
一応座る健気な感じがたまりません。



ツイッターで動画を見て、うちもどんな反応するのか、思わずやっちゃいました。






ちゃんこ!ちゃんこ!言われて

「っふぁ?」なってます、ポン太。

生真面目で融通の利かない男なのが全面に。
「聞いたことないコマンドなのであくまでも「ふぁ?!」ってする、な反応。










そしてぐりこちゃん。

これまた、ぐりこちゃんらしく・・・・・・・。

ちゃんこ!ちゃんこ!言われて
今まで一度も聞いたことないコマンドなはずなのに

「はいはい、ちゃんこねー」みたいに、
普通に理解して座る・・・。

この犬は言葉じゃなくてテレパシーで生きてるんだと実感しました。



ホントにそれぞれの反応が、みんな違って、個性が出てて
可愛くて面白かったです。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。


Comments (5) Trackbacks (-) |

Pho Paganini でフォーランチ




IMG_1234.jpg

ランチはニースで、友達行きつけのPhoレストラン。

Pho paganini
20 rue paganini 06000 Nice

ニース駅近の、ガラの悪いエリアにあります(笑)

とはいえ

友達曰く「みんなこわーいこわーい言ってるけど、ここでは私たち同類に見られてるから」て。(笑)

と、そんなに実際にむやみやたらに治安が悪いというわけではなく
ただそこにいる人たちが、白っぽいフランス人よりは、アジアやアラブ系の人が多いというだけです。
でも、確かに治安が素晴らしく良いエリアではないから、行くときは昼間に、普通に注意を払って出かける事。

前菜は、豚耳の入った生春巻き。
初めてだったけど、コリコリ食感の豚耳、美味しかった。

フォーは、Hu tieu とかいうやつで、豚肉やエビが入ってニンニクがきいたスープのもの。

パリなんかはもっとたくさん美味しいフォー屋さんもあるけれど
ニースはなかなか見つけるのも大変。
ここは中でも美味しい方だと思います。





にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) | 外食

夕餉:ヴェンティミリアの海の幸

久々に、ヴェンティミリアへ買い出しに。









IMG_1221.jpg

素晴らしい野菜をたくさん。

左側の緑と紫のはサラダ菜。
小ぶりで根っこがついている葉っぱは初めて買ってみました。
右側はルッコラ。スーパーに売ってるルッコラとは似ても似つかない味なの。
濃くて辛味がピリっとして。見た目も全然違う。

これ以外にも
菜の花、細長いブロッコリー、さやに入ったグリーンピース、
生みたて卵など。






IMG_1224.jpg

そして、お魚もたくさん。色々。
鯖はしめ鯖に。
こちらの鯖は、でも日本のようにでっぷり太った鯖ではなくて
細身でシャキーンとした鯖。マリネや焼きの方がいいのかもしれません。
お寿司は炙りしめ鯖で作ってみました。

マグロ、イカ、はお刺身に。

これ以外にも、鯵も購入したので、塩焼きにでもしようかな。
アサリは砂抜き中。
処理をしたら冷凍で保存します。


お魚のさばき方がイマイチ下手くそ。
もっとすっすと、無駄なく捌けるようになりたいなあ。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (2) Trackbacks (-) |

夕餉:タモリカレー





IMG_1214.jpg

年に1〜2回作る、タモリカレー。

正規のレシピはこちらをどうぞ。

作るのに結構手間暇かかるので
よし、やるぞ!と思わないとなかなか作りませんが
これを作って食べると、本当に美味しくて
あ〜なんて美味しいカレー!他のカレーなんてもうカレーじゃないね!
とか思っちゃうぐらい。

チキンカレーですが、ご飯とマッシュポテトと一緒に食べるというのも
これまたおもしろ美味しい。

スパイスは、レシピに載っているカレー粉はないので
こちらで手に入るカレー粉2種
クミン、ジンジャー、キュルキュマ、パプリカ、コリアンダー、胡椒 など
適当にボンボン入れます。足します。
それから赤唐辛子を一本。

後はレシピにそって作りますが
今日は、プレーンヨーグルトがなくて
ムスメのおやつ用に買ってあった、ココナツ味のヨーグルトしかなかったので
それで代用。
なんか、それはそれで、美味しかった。
マンゴーチャツネはないから、今日は入れませんでした。
イチジクのジャムがあったから、それを入れても良かったかも?

サイドディッシュのサラダは
キウリ、紫玉ねぎ、カニカマ、ひよこ豆のサラダ。
オリーブオイル、塩、レモン、胡椒で和えただけのシンプルサラダ。

このカレーのときは
バスマチ米とかよりもジャポニカ種の
短くてしっとりしたご飯の方が合うように思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) |

朝のおつとめ


朝一番のぐりこさんのおしごと












IMG_7448.jpg















IMG_7447.jpg

ムスメの朝ごはんがおちてくるのを待つ。








かなりの高確率でご相伴にあずかれること
よくご存知で。








なんか最近またむっちりしてきたと思ったら
これだわ!!!







にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) | ムスメと犬

昼餉:残り物で和風パスタ




IMG_1180.jpg

冷蔵庫の残り物パスタ
しいたけ、ほうれん草、ハム、ソーセージ。
オリーブオイルでガーリックを温めてから全部炒めて、茹で汁で調節しながら麺つゆとバターで調味。
食べる時ゆずすこをガシガシ振りかけて食べました。

ムスメには、出来合いの子供ようボロネーズにパスタを足して出したのだけど
2口ぐらい食べて拒否。

私の食べるパスタをまっすぐ指差してくるじゃないですか。

えー、ほうれん草もしいたけも、あんた食べなかったじゃんよー?

と思いつつ、フォークにクルクル巻きつけて口にぽいっとしてみたら
「もぐもぐ。そうそう。これよこれ。」
みたいな顔して美味しそうに食べやがる。

仕方ないので、私の分から取り分け。
パスタを短くカットして、後は適当に具をお皿にもってあげたら
綺麗に完食してました。

なんなの、あんなに野菜は食べませんとか
首取れそうなほど横に振ったり
人差し指立てて外人みたいに横にブンブン振ってたくせに。

食べてくれるならそれでいいけどもね。



Comments (0) Trackbacks (-) |

訴える子

ムスメには何かのセンサーがついているのか
私がパソコンを触り始めると必ず邪魔をしにきます。


だいたいが、「私にも触らせろ」っていう要求なのですが
ちょっと意味がわからないフリをして、

「え?なに?しまじろう?しまじろう観るの?」
とか言って、DVDをつけようとしようものなら

ぎゃーすか怒ります。

先日も勝手にmacをガチャガチャやられて
見たこともないような画面があらわれて
しかも元来pc使いだった私には
ctrl+alt+dltで強制終了できないとかいみわかんないんですけど!!状態で

元に戻すのにてんてこまいしましたよ。


そんなんで触らせたくないから






IMG_1197.jpg

こうやって来られると攻防が激しいの。

つか、pcとかいじってないで子供と向き合いなさい!とか
言われちゃうと

もう、そんなしょっちゅう向き合ってらんないよ?ってなるよね。

だって、延々と人間滑り台させられたり
自分の股の間から顔を出すムスメに「わーーー!」っていちいち覗き込んであげたり
そういうのをエンドレスでやらされるんだもん。
ずっとは無理よー。










そしてうちには











IMG_1192.jpg

もう一人(一匹)

犬の息子もいるからね?





ムスメよりも
訴えかける力が強いわよね、この態度。


片手ついて
二足立ちで
ため息混じりで


「おかあさん、抱っこ・・・」って。












あっちがおさまったら、こっち、
こっちがおさまったら、あっち。








にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (4) Trackbacks (-) | ムスメと犬

夕餉:焼肉(和牛)



IMG_1171.jpg

満を持して登場。
密輸(!)和牛で焼肉。

前回日本に帰国した時
密かに持ち帰った、肉。(←)

牛肉お土産にする女なんて聞いた事ないですね。


日本に一時帰国したときに、フランスにもって帰ってくるもの。
長年の在外で随分変わってきました。

初期の頃は、持ち帰り「易い」もの。
インスタント食品とか、ふりかけとか、乾燥したものが多数だったのですが
そんなもの、こっちでもお金払えば買える!
なんなら後日送ってもらえる!

ということに気づいてから
お金を払っても買えないものを持って帰るように・・・。

鰻の蒲焼とか(←これおすすめ!)
レンコン、ごぼう、シソ、柚子、みょうが、大和芋といった和野菜とか
シシャモ、干物、たらことか。
キムチ、塩辛、漬物とか。

冬場の旅行で、ロシア上空を飛んでくるような便だと
預け荷物はいつもヒエッヒエ。
・・・いけんじゃね・・・?

と、今回初めて「肉」を持って帰ってきました(汗)

どんだけ食い意地はってるんだろうと。


日本滞在中、和牛を食べるたび
犬と留守番している夫に後ろめたいような気分でねぇ。

夫も一度日本に来た時、初めて食べた和牛。

「っふぁ!?これは、バター?!」て

本気で驚いていた夫。
あまりの美味しさに、滞在中、3回も焼肉食べましたから。


ということで、夫の労いのため(という大義で自分のため)に持ち帰った
イオンの和牛だよ。


特価のイオンの和牛でも十分すぎる美味しさでした。


冷凍して、保冷剤でガチガチに包んで、ジップロックに入れて
スーツケースには出発ギリギリにしまいます。
フランスに到着したら、もちろん真っ先にスーツケースから出して冷凍室へ。
保存状態とか、うーん、どうなのかな。
普通に、私は食べられましたけどね!そして美味しかった。
責任持てませんので、オススメはしませんが、チャレンジャーな方はどうぞ。

最近はヨーロッパでもWAGYU(和牛)はブランド化してて、
種牛を輸入してこちらで生産している牛農家もいるようです。
時々高級肉屋で和牛を取り扱っていることもあるけれど
まあ、高い。
そして霜の入り方が、やっぱり日本の和牛と比べてもしょぼい。

こちらでびっくりするお値段を出して食べる和牛は
イオンのお得な和牛以下の味です。

まあ、こちらのお肉にも、こちららしい美味しさがあって
和牛にこだわらずとも、肉食の国なだけあって、お肉類は豊富で美味しいと思いますが
でも、やっぱり和牛の霜降りってちょっと特別。。。

後ろにある皿は、カサ増しのためにスライスした塩豚。
これはフランスの豚肉ね。
でも、以外とこの塩豚焼肉が美味しかった・・・。
普段はこれで十分ですわね。

さて、ムスメには別途食事を用意していたのですが、
二口ぐらい食べてプイっとして残していたのですが
私たち大人の食事が始まると、クレクレ攻撃。

椅子に座らせて、豚や和牛のお肉を小さく切ってさしあげましたところ
手づかみでむっしゃむっしゃ食べてましたわ。
特に和牛は、「おーー」とか言ってました。
美味しいものはわかるのね。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (4) Trackbacks (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。