TOP ≫ CATEGORY ≫ 犬
CATEGORY ≫ 犬
       次ページ ≫

犬たちの歯石とり

今年のコートダジュールは、夏の訪れが早かった気がするけれど、去っていくのも早目なようで・・・。
例年なら10月ぐらいまでプールだ海だ、まだまだいけるのに、今年はもはや涼しいぐらい。
日中は日向にいれば暑くなりますが、プールに入る気はしない程度の暑さ。
もはや秋に突入している模様。






IMG_2152.jpg

犬たち、毎年9月がワクチン。
今年も接種に行って来ました。

検診時、獣医さんから、「これは歯石取りしたほうがいいね」とのことで。
その場ですぐに予約をして連れて行って来ました。

ポン太は犬生2回目、ぐりこは初めてです。

ポン太は3年ほど前、5歳の時に1度目の歯石取りをしています。
その時は、歯石が溜まって歯槽膿漏を起こしてしまっていて、、、
歯が抜けてしまったという。飼い主の注意が足りなかった。

歯磨きをしたり、歯石がたまらないというリンスを使ったり、ガムを使ったり。
おそらくいろんな飼い主さんが試していることを私も試みましたがなかなか改善なしでした。

獣医師によると、小型犬は特に歯石がつきやすいし、あとは個体差もあるそうで。
ポン太の場合は、つきやすいみたいでした。

心臓に問題がなく、老犬でなければ、数年に一度、麻酔下で超音波の歯石とりをするのが、綺麗に取れて安全で一番いいと個人的には思っています。

スケーラーなどで取ったりしている飼い主さんもおられるようですが、それは犬が本当におとなしくしてくれているケースだったり、やり方を熟知していたり(そうしないと歯を傷つけたり、しっかり取りきれずザラザラと残してしまって余計に歯石がつくこともあるそう)といったことが前提になると思うし、うちの犬じゃあまず無理。私も無理。(笑)

フランスでは人間でも痛みを我慢させずに、すぐ麻酔を使います。
私も、こっちに来てから何度全身麻酔やら局所麻酔、したことか。
胃カメラ飲むのも、こちらは基本全身麻酔。

なので麻酔症例もすごく多いと思うし、麻酔に対する抵抗感も少ないのかなと思います。
私も、痛みや恐怖でストレスを感じるよりは麻酔で気づかないうちに終わってた!てほうがいい。
犬にとってもそうかなあと思います。

もちろん、あらゆる処置がそうであるように、麻酔にリスクが0な訳ではないということは承知の上で。






IMG_2156_20170914160039430.jpg

歯石を取って歯は真っ白のツルピカ。
魚市場(しかも最後の方)の匂いみたいだった口も爽やかな香り(笑)
寝てる間にしっかりツメも切ってもらって一石二鳥でした。




---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。


Comments (0) Trackbacks (-) |

ぐりこちゃん7歳

バレンタインデーは、うちの愛の塊、ぐりこちゃんのお誕生日でもありました。







IMG_8608.jpg

もう7歳だなんて。

犬は、いつだって無垢で全力で愛情を注いでくれて、一途。
だからいつまでも子供でいてくれているような気がしてしまいます。









IMG_8619.jpg

人間の方のムスメの成長がものすごいスピードなので
いつも変わらないぐりこちゃんに少し癒されるのです。










IMG_8573.jpg

お誕生日は、お風呂に入ってふんわりしてもらいました(笑)
本犬的には迷惑そうでしたけど・・・

そのあとフゴフゴ言いながら気持ち良さそうに居眠りしていたので
ふわふわになって気持ちよかったんだと解釈。







ゆっくり歳をとってね。
今年も一年、元気でね。
いいこで、楽しく過ごそうね。







---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。


Comments (2) Trackbacks (-) |

ぐりこちゃんのカリカリ

先日、犬たちを月一のトリミングに予約していたのですが
なんとその日にムスメのエコールの一部でストだとか。

その日のストによれば、朝、昼、午後の学童なし、給食なし。
なので、ちょいちょい、迎えにいって、また連れて行って、、、
を繰り返さないといけない1日に。

犬たちのトリミングの送迎、そこにプラスしてムスメの余分な送迎(&昼ごはん)

どうやってやりくりするか、シュミレーションしてたらメンドクサクなって来て
ムスメ、休みにしちゃいやした。

だってそもそも、担任も副担任もいないから、他のクラスと合同になる(おそらく大きい子のクラス)とお知らせもあって、きっとカオスに違いないしなーと。
もうそんならいいわ。一日ぐらい。

ということで急遽おやすみに。

これ、もうじき仕事再開する予定の私にとって、胃がキリキリするほどの心配の種。

こんなのしょっちゅう、しかも直前に言われても、仕事してたら急に休めないよ。
ましてや仕事し始めたばかりの職場で、ちょいちょい休めないよ。

親戚や頼める人が近くにいればいいけど、そうでない場合、どうしてるんだろう・・・。
シッターさん毎回頼んでたって、なかなかバカにならないと思うんだけどな。

フランスは、子供持ちながら仕事をするのは日本に比べたらずっとやりやすいと思うけれども
このスト頻発は本当に困るところです。









IMG_7628.jpg

そんなわけで、トリミングして来たぐりこちゃん。
ペタペタしっとり、たばたばの毛、とおさらば。
ふわふわ、いい匂いに。










IMG_7629.jpg

ポン太くんも。
ま、ポン太の場合は割といつもツヤツヤふわふわなんだけど。
なんで違うのかしらねもう。










この、毛質の違い、ぐりこちゃんは軽くアレルギー体質らしく(獣医さんに言われた)そのせいもありそうです。
皮膚がすぐ赤くなりやすい、目の周りも赤くなりやすい、お腹も赤くなりやすい、フケ、かゆみが出やすい。
バッチリアレルギー症状が。






IMG_7632.jpg

トリミングサロンで、こんなフードがあったのでちょっとお試しを。
アレルギーの原因になりやすい、穀物類不使用、そして鮭(若干チキンも)を使ったカリカリ。

1ヶ月ぐらい食べさせてみて、改善されれば続けてみようかな。










IMG_7618.jpg

毛の色が薄くなったのは加齢です。
(でも可愛い)







---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (0) Trackbacks (-) |

ぐりこちゃん洗い

先日、(といっても一ヶ月以上前)macがウンともすんとも言わなくなったとブログにも書いたのですが
考えてみたらもう5年以上使っていて、寿命といえば寿命。
そして、さらに数ヶ月前から調子は絶不調だったわけです。
だましだまし、使っていたけれど、ついにある時突然、起動しなくなってしまいました・・・。

結局のところ、新しいmacを買いました。
今の用途的に、最新でパワフルなマシンを要していないので、ちょうど今後終息に向かうので値下がりした
mac book airを購入。

起動が早い、軽い、変な音がしない(←当たり前なんだけど、前のmac book proはもうボロボロで毎度、飛行機の離着陸時みたいな音がしてたの。)で、ストレスフリーです。快適、快適。

また5年は頑張っていただきたいものです。
そして、5年以内に一度はちゃんとバックアップ取ろう、自分。










IMG_7325.jpg

週末は、ぐりこちゃんを丸洗いしました。

どうしてか、ポン太とぐりこ、同じ時にトリミングに出すのに、いつも決まってぐりこちゃんの方が先に臭くてぺったりしてくるのです。
体質なのでしょうけれど。
この匂いも、嫌いではないのですが、なんだかぺったりしてきた感じは可愛くないのでお風呂タイム。

ぐりこちゃんはお風呂は嫌いではないのですが、ドライヤーが大嫌いで、全力で小さく丸まって、顔も手も足も、全部内側に丸め込んで、ダンゴムシのようになってしまうので、乾かすのが一苦労ですが、なんとかブラッシングを終えると、ふんわり気持ちよくていい匂いで、一日中顔を埋めていたくなる風合い。
時折、このちまっとした鼻をガブッと口に入れるのもまたオツなものです(←)


次のトリミングまであと10日ほど。
なんとか良いにおいキープしてほしいものです。






---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。




Comments (2) Trackbacks (-) |

ポン太 7歳

6月18日、ポン太7歳の誕生日でした。



IMG_3668_20160619060904cf7.jpg

もう7歳です。
立派な中年犬です。

歳を取っても全く落ち着かず
お客さんがくるとアホみたいにキャッキャなってしまうのは小さい頃から全く変わっていませんが

それでもやっぱり歳をとっているんだなあ。

なんだか、犬の誕生日は、4年目ぐらいからだんだんあんまり嬉しくなくなってきて

「え、もう○歳?!」

と、犬時間の早さに、なんとも落ち着かない気持ちになるのです。

7歳って言ったら
人間でいえば多分今の私と同じぐらいの年なのかな。

折り返し、なのかな。


ここからの犬生も、一緒に。
ずっとずっと一緒に。

楽しく楽しくね。






IMG_3607.jpg












---



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


↑こちらのボタンをお帰りの際に押していただくと、ランキングに反映されて、こぐまの更新意欲がUPするというシロモノです。
Comments (3) Trackbacks (-) |